マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 120分~140分
  • 12歳~
  • 2007年~

アグリコラmaroさんのレビュー

374
名に参考にされています
2020年04月10日 18時50分

個人的には、初めての重ゲー/ワカプレとしてはあまり推奨できません。

ワーカープレースメントの代表的存在であり、日本でも、海外でも人気の高い傑作ですが、ワーカープレース部分のカツカツ度が高く、序盤の重要性がかなり高いゲームでもあります。1手1手について効率性を吟味し、対戦相手の行動も推測する必要もあります。つまり、融通のききづらい、救済要素の少ないゲーマーズゲームであるともいえます。リバイスドエディションでは若干バランス修正がされていますが・・

多作なUwe Rosenberg氏の2007年の作品で初の大作ですが、この後、2010年代に入ると氏のワーカープレースメントはカツカツ感が少なく、より自由度の高い方向へと進んでいきます。アグリコラの得点計算法が画一的であったのに対し、様々な勝利点の獲得手段を有するようになります。

裏をかえせばこのきつい部分を的確に処理し、減点となる事項を抑えつつ勝利点の獲得を目指すのがこのアグリコラの醍醐味といえます。さらにこれに多様な職業カードや進歩カードが加わることで、戦略性、リプレイバリューにも幅がでています。とくにカードの重要性についてはこれまで多数の追加セットが発表されていることからも明らかです。旧版アグリコラのオリジナルカードは。リバイスドと比べ、良い言い方をすればダイナミック、悪く言えば強弱の差が激しいことで知られています。旧版のカードの組み合わせについてはかなり研究されていますし、開始時のカード選択のウエイトがより重いという視点からも、旧版は玄人向けともいえるかも知れません。

様々な要素がアグリコラをー級品のボードゲームたらしめているわけですが、レビュー等を見ているとアグリコラでボードゲームの面白さを知ったという方も多いようです。しかしこれだけヘヴィなゲームですから、表面にでないだけで、そうではない方が一定数はいることも想像はつきます。初めて重量級のボードゲームを体験する方には、他によりよい選択肢があると思います。

日本人の気質として、ベストセラーや、絶版品(人気の裏返しという意味で)に弱いというものがありますが、一般的にいうなら、もう少し後にとっておいてもよい作品なのではないかと感じている次第です。

5
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 海老天
  • SONE
  • 山本 右近
  • 手動人形
  • Nobuaki Katou
maroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1035興味あり
  • 1531経験あり
  • 494お気に入り
  • 914持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力42
交渉・立ち回り23
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見16
作品データ
タイトルアグリコラ
原題・英題表記Agricola
参加人数1人~5人(120分~140分)
対象年齢12歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿