マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 60分~120分
  • 14歳~
  • 2011年~

数エーカーの雪大石さんのレビュー

202
名に参考にされています
2016年12月10日 12時00分

ドミニオン」でおなじみデッキ構築システムを採用した二人用の対戦ゲームです。プレイヤーはそれぞれイギリスとフランスの内一方を担当し、広大な北米の雪原に相手より多くの植民地を獲得したり、相手の植民地を攻撃したりして、相手国よりも優勢を保った状態でゲームを終えることを目的とします。

本作のデザイナー、マーティン・ワレス氏はモチーフとした戦争における補給の困難さ、軍事行動のままならなさを表現するためにデッキ構築システムを採用したらしいです。それを知った上で改めてこのゲームについて考えてみると、なるほど確かに、獲得したカードが手札に入るまでのじれったさからは長大化した補給線による不自由な戦いの様子が想像出来るような気がします。
また、英仏それぞれで初期の配置はもちろん使用できるカードやアクションも若干ながら異なるため、二人用としては長いゲームですが何度も遊びたくなる内容となっています。

しかしながら、不朽の名作「ドミニオン」に比べると複雑な処理が多く、難易度の観点からかなり人を選ぶゲームだと思います。
収束性の悪さも拍車をかけていて、両プレイヤーが前線をがっちり砦で固めてしまうと、ほとんど戦いが発生することなくお互いの限界まで淡々と入植を進めていくゲームとなってしまい、大変時間が掛かります(そうなる前に何とかしなかった双方の落ち度なのですが)。

そんなわけで、長時間のゲームをいとわない方や、非対称ゲームが好きな方、二人用のデッキ構築型ゲームを御所望の方にはお勧めかもしれません。

余談ですが、負けた時の言い訳が用意されているのがにくいですね。もし負けたら自国の敗報を聞いたさる歴史家の言葉を引用してこう言ってやりましょう。

「なに、ほんの数エーカーの雪原を失ったに過ぎない」と。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大石さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 62興味あり
  • 49経験あり
  • 14お気に入り
  • 45持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘4
アート・外見0
作品データ
タイトル数エーカーの雪
原題・英題表記A Few Acres of Snow
参加人数2人用(60分~120分)
対象年齢14歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク