マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

1、2、3で見つけてね!1,2,3! Now you see me...

羊、豚、牛、馬といった牧場の動物たちが行う、間違い探しゲームです。

各プレーヤーは、自分の分の「動物カード」4枚(羊、豚、牛、馬が各カードに1匹描かれている)を獲得します。また、「アクションカード」18枚をシャッフルして裏向きの山札にします。
このゲームでは、プラスチック製の動物コマ26個(羊コマ7個、豚コマ7個、牛コマ6個、馬コマ6個)が使われます。このコマを箱に入れ、スタートプレーヤーは、目を閉じたままそこから10~15個程度つかみ、20~30センチ程の高さからテーブルに落とします。他の人は、動物コマが9個以下、または16個以上だったのに最初に気づいて指摘したら1点もらえます。

動物コマが適正な数だったなら、他の人はテーブルの動物コマをしっかり見ます。10秒したら、今度はスタートプレーヤーが目をあけ、他の人が目を閉じます。

スタートプレーヤーは、山札から「アクションカード」を1枚引きます。カードに描かれている動物をカードの指示に従って、動物コマを追加したり、減らしたり、少なくともカード1枚分ほどの距離を移動させたり、動物コマ同士を入れ替えたりします。

その後、目を開けるように伝え、カードの指示で行ったアクションから質問します。(例えば、「どの動物が現れたでしょう?」「どの二頭の動物が入れ替わったでしょう?」)各プレーヤーは、自分の「動物カード」から正解と思うカードを伏せて出し、全員が出したら表向きにして答え合わせをします。
全員不正解なら、スタートプレーヤーに1点入ります。正解者がいるなら、その人に1点入ります。
これを参加人数に応じ、2~3ラウンド行い、得点の多い人が勝利します。

本の間違い探しをしたことはありますか? 普通は、左の絵と右の絵を比べるものになると思います。1度正解を知ってしまうと、繰り返し楽しむ人はいないでしょう。このゲームでは、その間違い探しが目をつぶる10秒前と後になります。動物コマの落下でランダム配置になるので、毎回展開が違います。そういう訳で、長く遊べる間違い探しゲームになると思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. たろうたろう
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 44経験あり
  • 2お気に入り
  • 30持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル1、2、3で見つけてね!
原題・英題表記1,2,3! Now you see me...
参加人数3人~8人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿