マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2015年~
220
名に参考にされています
2018年03月17日 21時24分

『とにかく勝利点を稼げ!』


ワーカー4つを初期コマとし、全員使い切ったら1ラウンド終了。

計4ラウンド行い勝利点が最も高い人が勝ちと言う典型的なワーカープレイスメントゲーム。

プレイヤーは一領主となり

『領地を開墾し建物を建てる』

『冒険者を雇い魔物を討伐する』

主にこの二つで勝利点を増やしていく。


ワーカーを置いて資材を手に入れ、資材を使って領地を開墾、開墾した領地にさらに資源を投入して建物を建てる。

と、手順は多いが特に難しい事は無い。

悩ましいのは『共通のプレイボード』である。

ワーカーを置く事で行動出来るが、他プレイヤーも同じ行動をすると行動出来る幅が狭くなるだけでは無く

『利用料金が発生してくる』という事。

初めの3つまでは無料だが、後半になるにつれ支払う金額が増える行動等があり

資源だけではなく金策も考えなければ行き詰ってしまう。

そこで重要になるのが『方針カード』


ラウンド開始前に選べるこのカード。

例えば「ラウンド開始時に資源が貰える」「このラウンド中魔物を討伐する毎に勝利点+5」等

得することが多いが、そのカードに記された数字が少ない人がスタートプレイヤーとなる為

後半に向けての選別が不可欠。(次ラウンド時必ず変えなければならない)

さらに最終ラウンド(4ラウンド)終了時にボーナスが加算されるが、このボーナスも

達成しているプレイヤー全員が恩恵を得る。

つまり、方針カードに沿って行動すればそれだけ勝利点が稼ぎやすくなる。

逆に欲しい方針カードが手元に来ない場合、パスする事も選択の一つかもしれない。


などなど、考えれば考える程のめり込む事請け合いな良ゲーです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • わたん
OWNER8819さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 11経験あり
  • 5お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルやさしい魔物と酒場の英雄 / 魔物と英雄
原題・英題表記Yasashii Mamono to Sakaba no Eiyuu
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格4,000円
クレジット
ゲームデザイン田上 雄一(Yuichi Tagami)
アートワーク田上 雄一(Yuichi Tagami)
関連企業/団体タガミゲームズ(TAGAMI GAMES)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿