マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大怪獣ヴェナタス VS 強欲な異能建築家Daikaiju Venatas vs Goyoku na inou-kenchikuka

見た目は怪獣ゲーム。でも、中身は意外にも投資ゲーム!

各プレイヤーは建設会社の社長になって、ビルを建設し、高く売却する、それがこのゲームの目的です。
ゲームは次の3フェイズで構成されています。

【フェイズ1:建設フェイズ】
・ビルを建設するフェイズ。4つの地区から、地価が上がりそうな場所を選んで、ビルを建設します。この時、ビルが建設された地区の地価が上がります。

【フェイズ2:怪獣移動フェイズ】
・怪獣を移動させるフェイズ。プレイヤーは、怪獣を移動させることができるのですが、怪獣が移動してきた地区は地価が下がります。なるべく他プレイヤーのビルが建つ地区に、怪獣を押し付けましょう。

【フェイズ3:ビル売却フェイズ】
・ビルを売却するフェイズ。プレイヤーは、現在の地価で自分のビルを売却します。これが勝利点になります。ただし、売却には、該当する地区の、エリアカードが必要になります。もし1枚も持っていない場合は、建てたビルはそのまま次のラウンドに持ち越しですが、その分怪獣にビルが破壊されるリスクは高まります。

この3フェイズを1ラウンドと数えます。6ラウンド行って、勝利点が最も高いプレイヤーの勝ち。
各ラウンドには、建設できるビル数、売却できるビル数の上限が決まっていて、ラウンドが進むにつれて、それは増えていきます。
その結果、より地価が乱高下することになり、スリルが高まります。

ビルを建設しすぎると、怪獣に破壊されるリスクが高まるし、かといって、建設しないと勝利点が稼げない。ジレンマが味わえる内容です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. アンナカレーニダアンナカレーニダ
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 11経験あり
  • 1お気に入り
  • 12持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル大怪獣ヴェナタス VS 強欲な異能建築家
原題・英題表記Daikaiju Venatas vs Goyoku na inou-kenchikuka
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザイン熊熊飯店 店長
アートワークじどう(Jido)
関連企業/団体熊熊飯店(Kuma Guma Hanten)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿