マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ウノUNO

世界で最も愛され続けるカードゲームの定番中の定番

UNO(ウノ)はトランプのクレイジーエイトを専用カードで遊びやすく改良したもので、数字の「1」を意味する「ウーノ」(uno) が名前の由来。

アメリカのオハイオ州でバーバーショップを営むマール・ロビンスにより考案され、1979年に広く発売されて人気となった。配られた手札を早く0枚にした者が勝者となるゲームだが、対戦相手を妨害する役札が存在する。また残り手札が1枚となったときに「Uno」と宣言しなければならない。(宣言しなかった事を指摘されるとペナルティーがある)

史上最も多くのハウスルールがあるボードゲームの1つである。

2016年発売のリニューアル版において、発売後初めてルール改正が行われ特殊カードが2種追加された。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. マリオマリオ
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 1743経験あり
  • 116お気に入り
  • 800持ってる
プレイ感の評価
運・確率19
戦略・判断力24
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルウノ
原題・英題表記UNO
参加人数2人~10人(30分前後)
対象年齢6歳から
発売時期1979年~
参考価格1,058円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

  • 33
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月17日 12時05分

    ハードルはほぼなし。「ウノ」のコールを忘れずに。【遊び方概要】•プレイヤーは2人~です。•4色で色分けされた数字カードや特殊カードをシャッフルし、山札とします。•山札から各プレイヤーに手札を配り、山札から一枚めくってゲームスタート。•各プレイヤーは順番に、場に出ているカードと同色または同じ数字のカードを手札から出していきます。出せるカードがない場合は山札からカードを引いて手札に加えます。•最初に手札を全て出しきったら勝利。•ただし、最後の一枚になったときに「ウノ」とコールします。コールを忘れた場合は山札からカードを2枚引いて手札に加えます。【感想】•シンプルなパーティーゲームで、小学生か...

    とものけいさんの「ウノ」のレビュー
  • 47
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月19日 14時07分

    トランプのクレイジーエイト(日本ではページワンとして独自派生)を単独のゲームにしたモノ。お手軽で分かりやすかったので、あまりに広く知れ渡った為、地方ルールが多数存在し、それを公式ルールと勘違いしている人が圧倒的に多い。プレイ前にはどのルールでやるのか確認しないとミスが多発する(笑)。

    TACさんの「ウノ」のレビュー
  • 115
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月09日 23時58分

    勤め先の児童館では、まぁほとんどの子がカードゲームといえばこれです。自分が小さかったころも、カードゲームといえばコレでした。正直、やり飽きました。ある意味それだけ簡単で、ルールが飲み込みやすく、盛り上がるといったところでしょうか。ボドゲーマを見ている皆さんには、「もっといいものはたくさんあるよ!!」という感じですが、そのハマるきっかけの一つとしては非常に優秀なゲームだと思います。ウノorトランプ→なんじゃもんじゃorハゲタカの餌食、ニムト等々、ここきっかけで徐々にボドゲーの面白さにはまっていく子どももいっぱいおります.

    だかさんさんの「ウノ」のレビュー
  • 116
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月21日 20時55分

    カードゲームの定番。トランプゲームの「ページワン(アメリカンページワン)」のアレンジ版。初めてプレイした時には、トランプで「ページワン」とその派生ゲーム「ドボン」を遊び尽くした後だったので、新鮮味のひとかけらもなかった。ルール自体は非常に簡単だが、以前から定着していた「ページワン」や「ドボン」に影響されて、ローカルルールが異常に多いうえに、正式ルールを否定する人が出てくる(私個人も「ドボン」ルールを採用したい人の気持ちが分かる)ためにルールすり合わせが必要になったりという面倒くささがある(「全員出し切るまで終わらないルール」に引きずり込まれるとツライ)。メーカーもちょくちょく新しいルール...

    Pinoさんの「ウノ」のレビュー
  • 94
    名に参考にされています
    投稿日:2016年09月03日 05時09分

    誰もがご存知のUNOに新ルールが追加されました!それは自由にルールを書き込める「白いワイルドカード」しかし、直接カードに書き込むのはちょっと…と言う方に、私が実際に遊んだオススメの方法をご紹介します。まず、参加者全員に白い紙を3枚ほど渡します。そして、それに自由にルールを書き込んでもらいます。それを、袋か何かに入れて「白いワイルドカード」が出たら、袋からランダムに1枚引いて実行します。と、このようすれば、何度でも白いワイルドカードで遊べるし、全員がルールを考えそれが出ただけで盛りあがること間違いなしです!実際、私のやった回では「スクワット10回する」や「ハズレ!残念!」や「この紙を貴方は...

    nyonyonbaさんの「ウノ」のレビュー
  • 50
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月21日 20時41分

    2016年はUNO発売45周年ということで、3月発売ぶんから二つの新ルールが加わったようです。ひとつは手札を誰かと全部交換できるカード。そしてもうひとつは真っ白な、自分たちでルールを書き込める「白いワイルドカード」。ボードゲーマーしか思い浮かばないルールもあると思いますので、今一度手に取るチャンスではないでしょうか?

    さいスケさんの「ウノ」のレビュー
  • 100
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月24日 02時24分

    修学旅行での友人との暇つぶしにUNO!って位に有名なゲームです。本来は、お勧めレビューなんていらないんじゃないか!?って思ったのですが結構、みなさんルールを間違って覚えて浸透してる節があるなぁと思い、筆を取らせていただきました。「同じ数字は重ねて出せる!」「ドロー2にはドロー2またはドロー4で回避!」「スキップ・スキップで俺の手番!」実は、これら間違ったルールなんですよ!あくまで、ローカルルールだったのがいつの間にか浸透して正式ルールと勘違いされてしまってるので、このレビューをキッカケに付属のルールブックを読んで遊んでみたら、新鮮な気持ちでプレイできるんではないでしょうか。45周年と言う...

    ケントリッヒさんの「ウノ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月17日 12時51分

    マテルゲームが提供している、UNOの遊び方を紹介したYouTubeは以下の通りです。カードの出し方、記号カードの意味など、小学生程度であれば十分よくわかる簡単な言葉で説明されています。動画の長さも2分程度と短いので、インストがわりに見てもらうのも良いかもしれません。https://www.youtube.com/watch?v=ptaIGbVX1ts

    Bande ボードゲーム会さんの「ウノ」のルール/インスト

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    ※枚数は「シャッフルワイルド」や「白いワイルドカード」が入ったバージョンのことです。カードサイズは87mm×56mmです。「CAC-SL103 ボードゲームサイズ・ハード」などのスリーブが最適で...

    0件のコメント2011ページビュー2年以上前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿