マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1961年~

ツイクストFurukawa Sorwhichさんのレビュー

230
名に参考にされています
2016年12月11日 11時13分

好きなところにピンを置き、それをリンクさせて盤の端から端(東西か南北)まで一本の線でつないだ人が勝ち、というシンプルなルールの対戦型ゲーム。

ピンとピンは将棋で言う桂馬の動き(2マス前かつ1マス左右)でしかリンクさせられないところが読み間違いと混乱を生む仕掛けになっている。

相手のリンクを跨いでリンクを張れないことを利用して、自分のリンクを伸ばしながら相手のリンクを邪魔しなければならない。

将棋や囲碁がよく比較対象として引き合いに出されるが、プレイ感は全く別。前の両者と比べると左脳より右脳をより使う印象だ。

多くの手番を使って大事に育てたリンクが相手のたった一手番で死んでしまうことも多く、「圧倒的に勝ってる」と思っていても気が抜けない。

ルールを覚えても最初の数回はまず勝てないだろう。しかし、やり慣れてきたらこれほど手応えのあるゲームはそうないと思う。

他のゲームのように「次の手番にはこうしよう」という予定が一切立てられない。お互いがお互いの『神の一手』に翻弄されて悲鳴をあげ、一手毎に強弱が逆転する。対戦する両者ともに「怪物のような強さの相手と戦っている」と恐怖してしまう。

だからこそどんな対戦であれ、勝てた際の感動と快感は他のゲームの比較にならないほど、強烈だ。

現在は廃盤になっているということなので入手するのは困難かもしれない。なのでもしプレイできる機会を得たなら迷わず体験してほしい。それで数回は悔しい想いをしてほしい。きっとこのゲームの持つ奥深さを味わえるはずだ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Furukawa Sorwhichさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 142興味あり
  • 176経験あり
  • 56お気に入り
  • 91持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力11
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘5
アート・外見3
作品データ
タイトルツイクスト
原題・英題表記Twixt
参加人数2人用(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1961年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Furukawa Sorwhichさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク