マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

トマトマト82BG@19秋GM(土日)出展さんのレビュー

412
名に参考にされています
2018年08月06日 23時58分

☆1

早口言葉を強いられるとか大っ嫌い!!(超、個人的意見です)

 

「ト」と「マト」「マ」「トマト」のタイルが場に並びます。それを噛まずに早口言葉で言えればセーフ、間違って言うとアウトで他プレイヤーに点数を稼がれてしまいます。それを続けていってタイルが補充出来なくなったらゲーム終了して、もっともトマトというセットを持っているプレイヤーが勝ちってな感じのゲームです。

 

細かいゲーム手順としては

特殊サイコロを振って、出た出目の数のタイルを捲ります。

タイルは「戸(ト)」と「的(マト)」「魔(マ)」「トマト」それと1枚だけ「ポテト」があります。それらを場に出てきた順番で並べます。

 

手番プレイヤーがそれをできるだけ早口言葉で言います。

「戸(ト)」「戸(ト)」「魔(マ)」「的(マト)」「的(マト)」「トマト」というように並んだなら「トトママトマトトマト」これを噛まずに言えたら問題なく、次の手番プレイヤーへ特殊サイコロの出目の数またタイルが追加されます。

 

ですので、誰かがミスをしない限りタイルの並び増えて難しくなっていきます。

そして、誰かが正しく言えなくなった時に他のプレイヤーが点数をゲットできるチャンスです。

 

「いっせーのーせ」と同時にタイルを選んで指します。選んだタイルがかぶらなければ、そのタイルを手に入れられるのですが、被ると手に入らないです。

手に入れたタイルでトマトというセットが出来るごとに点数化します。

「トマト」→1点

「戸(ト)」「的(マト)」→1点

「戸(ト)」「魔(マ)」「戸(ト)」→1点

といった具合です。

 

それから、並んでいるタイルで連続しているタイルはまとめられます。

「戸(ト)」「戸(ト)」「魔(マ)」「的(マト)」「的(マト)」「トマト」なら

「戸(ト)」「魔(マ)」「的(マト)」「トマト」というようになって、ミスした人がクリアできる応急処置があります。

 

他の要素としては

たまにタイルの内容に、「並んでいるタイルを逆方向から読む」とか「ポテト」が追加されたりします。

 

以上でタイルが補充できなくなったら終了して、もっとも点数の高いプレイヤーの勝利です。

  

 

プレイの感想としては、これ程自分が楽しめないゲームははじめてです。

自分の滑舌が悪いのは自覚しているとこはありましたが、こんなにも自分が出来ないとは思いませんでした。一般的なプレイ風景は、噛まずに言える限界の挑戦をするドキドキ感が楽しいゲームということは容易に想像できます。

ですが、苦手な自分の手番になるとミスをし続けてずっと自分の手番でかつ、次の自分の手番の人が楽な思いをするという、ルールのバランスを壊してしまいました。

少し遊んで回りに申し訳なくなりました。

 

若干、ルールで気になる点は

「ポテト」のタイルは「トマト」にならないので場に出たら消えないこと。

ミスしたプレイヤーの連続手番です。下手すると手番が止まり続けます。(自分みたいのだけかな?)

 

プレイ感覚やアイディアともに結構面白いゲームで、何より軽くて時間調整にも最適なミニゲームだと思います。ただ、早口言葉のレベルが低い人は少し辛い思いをするので、本当に苦手そうな人には勧めてはいけないと思います。

ちなみに自分は遊びたくないです。

 

ただ、外野としてゲームを見るのとトマトを模したような巨大サイコロに癒されますね。

 

遊評:☆1

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
トマトマト
トマトマトの通販
友達と早口言葉を言い合ってうまく言えなくて爆笑したあのおもしろさがゲームに!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,420(税込)
82BG@19秋GM(土日)出展さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 170興味あり
  • 901経験あり
  • 83お気に入り
  • 507持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見10
作品データ
タイトルトマトマト
原題・英題表記Tomatomato
参加人数3人~6人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格2,200円
クレジット
ゲームデザイン加藤大晴(Taisei Kato)
アートワーク佐々木 隼(Jun Sasaki)
関連企業/団体BGLABオインクゲームズ(Oink Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

82BG@19秋GM(土日)出展さんの投稿

会員の新しい投稿