マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 20分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

THIS IS IT - コレの名は。-atcktさんのレビュー

186
名に参考にされています
2018年12月22日 20時51分

3枚めくって、親が選択したカードと同じものを選ぶ、ゲームです。文字で。

そう、文字で。文字で、というのは、「一言一句」同じであることです。ひらがな、カタカナ、漢字の違いは問いませんが、「お寿司」と「すし」は別物のの扱いです。

ほかに得点が2倍のカード、カードの色によるボーナスがあります。


▼ゲームの概要

カードを3枚めくったら、各自自分のシートにこっそり1枚選んで書きます。

親が1人いて、その人と同じなら、得点が多くもらえます(親ももらえます) 親以外だけで同じものを書いていたら、得点はもらえますが、1点しかもらえません。

これを繰り返して、得点の高い人が勝ちます。


▼プレイの感想

概要を見ると、パッと合わせやすすぎる(逆に難しすぎる)と感じるかもしれませんが、遊んでみるとある程度ばらける程度です。

とはいえ、文字で合わそうとすると、可能な限り単純な言葉で書こうとするため、結構答えが似通って、それに便乗できないプレイヤーが負けることが多いように思いました。

ただ、ゲームの狙いはそこではなく、微妙な表現の揺れを楽しんでほしいようには感じました。

そういう意味で、なんていうか、作品鑑賞なんかをしつつ、ゆるく遊ぶ感じで遊んでもらいたいのかな、って感じました。そういう意味でも、「アートを目指している作品」なのかなぁって思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • B.
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 26経験あり
  • 9お気に入り
  • 15持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルTHIS IS IT - コレの名は。-
原題・英題表記THIS IS IT - kore no naha. -
参加人数3人~8人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格2,200円
クレジット
ゲームデザインゲームの殿堂(Game no DENDO)
アートワーク田中 英樹(Hideki Tanaka)
関連企業/団体ASOBI.dept(アソビデプト)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク