マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 5人~10人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2012年~
  • 65
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月28日 00時08分
    全員がゲーム終了まで参加できるため、人狼にありがちな即脱落からの終了まで待ちぼうけがない。よくこの手のゲームにいる謎理論を大声で怒鳴りちらしてくるタイプを無視して意思表示できるシステムはいいね!個人的には人狼やるくらいならコレ。もりさんさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 111
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月18日 20時53分
    アーサー王伝説に基づいた、人狼系正体隠蔽ゲーム。一発逆転要素も含めてルールなどはスタンダードだが、任務に赴くメンバーは円卓投票で決めるため、推理のセオリーはわかりやすい方ではある。面白いが、ライバルのタイムボムは強力なので選ばれにくい不遇さもある。ナオトさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 134
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月26日 14時25分
    「人狼」が世間的にはとても流行しておりますが、私個人はライトなプレイヤーなので、「早期脱落したくない…」と思ってしまいます。そんな自分ですが、レジスタンス:アヴァロンはとても楽しかったです。GMも不要なので、みんなが参加できる点もすごくいいです。人狼が好きな人にとてもおすすめのゲームです。ちゃーめしさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 89
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月19日 19時22分
    『レジスタンス:アヴァロン』は人狼と違い、自分の正体がバレてもゲームから脱落することがないところが一番のオススメポイントです。人狼の1日目の投票は理由もなく脱落させられるのでそういう不公平がなくなりますね。また探索メンバーを決定するリーダートークンが回ってくるので、仮に役職がなかったとしてもゲームに参加できるのもいいですね。何も役職がなかったとしても”リーダーが回ってきた時に誰を選ぶか”を考え話し合いの土俵に立つことができます。レジスタンスアヴァロンはゲーム中の脱落者が存在せず、あまりダレることなくゲームが進んでいくので本当に面白いです。ルールなどより詳しく知りたい方はこちらケイさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 527
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月24日 11時45分
    人狼系ゲーム(正体隠匿系での対戦)です。大雑把な感想、プレイ手順は以下の通りです。■何ヶ月かかけて計10回以上プレイした感想全員が「ゲーマーだった」というのもあり、悪側は早い内に特定されます。なので「悪側は、誰がマーリン(悪を知っている人)なのかを観察して、最後の暗殺にかける」「善側は、マーリンが誰なのかを察して、上手く誘導に乗る」ゲームになりました。マーリンと他の善側とは最初に持っている情報量が違うので、悪側は矛盾点を素早く見抜く必要があります。■プレイに必要な広さプレイに必要な広さは30cm四方くらいあればOK。基本的にカードで配るタイプ、テーブルには進行マーカーを置く程度です。■プ...むおんさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 338
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月03日 18時08分
    人狼系ゲームの弱点(ゲームマスター、脱落者)を克服したゲームということで購入しました。初めてボードゲームをやる人にも人狼系ゲームと伝えて簡単にインストした後、ゲームをしましたがとても楽しんでもらえました。マスター不要、脱落者が出ないという点はやはりゲームをする上で重要なことだと思います。その上、仮に悪側が負けてもマーリン暗殺ルールがあるおかげで最後まで気が抜けません。人数による有利不利や面白さが変わるゲームなどもありますが、このゲームは洗練されていて、人数ごとに変わるボードや特殊キャラの影響でどの人数でも楽しめます。(私は5~7人でしかやってませんがどの人数でも楽しかったです。)人狼系が...チャンヤマさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 282
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月22日 08時14分
    人狼系のゲームですが、こちらは人狼のように、途中で降ろされず、最後までゲームが出来るタイプのものです。やってみましたが、最初から占い師に当たるキャラ(マーリン)を引いた人に、人狼に当たるキャラ(モードレッド)を引いた人が誰だかわかっていますが、最後にモードレッド役の人たちが、マーリンが誰だか当てたら、逆転勝利できるシステムです。だから、初めから正体をバラしてゲームを進めることができないので、非常にバランスが取れています。まあくんさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 413
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月30日 12時22分
    6/10人狼の弱点である脱落やマスターの存在、人数幅を克服したゲーム「レジスタンス」をさらに改良したゲーム。ぶっちゃけ、人狼好きならアリだし、人狼嫌いならやんなくてもいいゲーム。やったことないなら、自分がどうなのか試してみるはアリだと思うけど。人狼よりは、会話の論理とかはまだ薄いが、それでもやっぱり人狼系。慣れていない人、苦手な人には向いていないし、よくわからないゲームだと思う。元のレジスタンスはSF的なテーマだったからか、結構好きだった印象もあるが、今となっては、人狼系もいろいろあるし、別に無理してやる気もおきないかな。ただ、元のレジスタンスよりも、マーリンという逆転要素も入っているの...白州さんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 97
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月14日 08時14分
    自分がマーリンで、邪悪陣営のふたりが勘の鋭い夫婦だったときは絶望で失禁しかけました。プトシさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 279
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月30日 14時17分
    レジスタンスアヴァロン中文版の紹介です。結論:言語依存がないボードゲームは、他言語版でやってみると、時には面白い発見がある。最後まで脱落者がいない人狼系ゲームです。どの人狼系ゲームにでもいえることですが、初挑戦者が卓に混ざる場合は、数ラウンドは練習としておこなうくらいの気持ちで、みんなでゲームを作り上げていきましょう。経験者からのアドバイスも、上から目線にならないようにした方がいいと思います。さて、手に入れた中文版アヴァロンですが、ルールもカード上のキャラ名も、世にある数多のレビューでわかっているので、特に翻訳には苦労しませんでした。私の方で、英語、日本語でのプレイもできるように、キャラ...backbeesさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 347
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月12日 00時51分
    アーサー王の僕(青陣営)と彼らに紛れたモードレッドの手下(赤陣営)に分かれて戦う正体隠匿系ゲームです。ルールについては他の方が書いているので割愛しますが、非常に面白く、役職を絞ればルール説明もそこまで大変ではありません。よく人狼との違いとして、GMがいらない、脱落者が出ないことが挙げられます。しかし個人的には・全員に順番にリーダー(進行役)が回ってくる・リーダーの案に賛成反対を投票する・クエストメンバーに選ばれたら成功・失敗を選択するなど全員が行動しなければならない作りになっているので、初心者が置いてけぼりになりずらい点も大きな違いだと思います。正体隠匿系好きには是非一度プレイしてほしい...こたつむりさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 161
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月18日 22時27分
    人狼好きなひとにお勧め。人狼と違い脱落がないので最後まで参加者全員が楽しめます。人狼はしっくりこないけどレジスタンスは好き、という人もいるくらい、身内では評判がいい。コテツさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 343
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月15日 17時25分
    ミッションを成功させるための王の僕と、失敗させようとするモードレッドの手下の2陣営による腹の探り合い、です。いくらか役職等もあり人狼に近いタイプのゲームと言えます。最大の特徴は、脱落者が発生しない、と言う事。最後まですべてのプレイヤーがゲームに参加できるのがいいですね。人狼ほどCO等で頭を悩ますことはないですが、その分会話の内容挙動等で陣営が割れない様にする工夫も必要。それと、赤陣営を知ることができる青陣営のマーリンが胃が痛いポジションになります。ゲーム後に暗殺者に殺されてしまうとすべてが水泡に帰すからです。・青陣営は、自分がマーリンであるように誤認させることが大事になります。議論時間の...初心者GMさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 366
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月19日 00時49分
    人狼系、レジスタンスの後継。噂には聞いていたけど、これは面白い。脱落無し、計画的にミッションを成功/失敗させてそれぞれの陣営で最終的な価値を狙っていくんだけど、アーサー側は敵味方の手掛かりを色々なシーンで判別できるのでお互いに見逃さないようにするのが熱いところ。初プレイではモードレット側が論理的な意見を言えなかったので、あっさりバレたけどアーサー側もマーリンがあっさりバレて負け・・・。マーリンはモードレット側にバレてはいけないので、究極的には何もできなくなって、存在価値がなくなるよう気がする(笑)人数が5人~10人というのは大変良い。うさたーんさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 576
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月18日 16時34分
    正義側(青)陣営と邪悪側(赤)陣営とにわかれて戦うゲームです。聖杯を求めて旅をするクエストと呼ばれるミッションが5ラウンドあります。(このミッションとは『リーダー担当のプレーヤーによって選出されたメンバーが全員「任務成功」カードを出せばミッション成功、青陣営の勝ち。「任務失敗」カードが1枚でもあればミッション失敗、赤陣営の勝ち。』というものです。)全5ラウンド中、3ラウンドを先に勝った方がこのゲームの勝利チームです。赤陣営はお互いを知っています。(最初の役職確認の時に顔を上げて確認します)青陣営は誰が味方なのかは知りません。ですが、そのままでは青側が不利なので、役職者が存在します。まずそ...ぼうし@ごいた&スプレンダーさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 251
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月19日 15時54分
    人狼ゲーム好きなら持っておいて間違いないです。人狼と違い、人がいなくならないのがメリットとしてあげられるでしょう。GMなしで出来ますが、読み上げ音声等で内通する必要はあります。戦略性や、ゲーム内容ともに骨太です。拡張も何個かでていますzumi_murabitoさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 286
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月29日 13時47分
    脱落者無しの人狼系ゲーム!自分は人狼の時に最初の方に処刑されてしまった時の寂しい感じが好きではなかったので、このゲームを初めてプレイした時は感動しました!このゲームのオススメポイント●最後まで脱落者なし。正体がバレても、場をかき乱すことで最後までチームに貢献できる!マーリンをいれることで、最後まで気が引けないこと間違い無し!●役職が複数あるため、人数や難易度によって変更可能!(BoardGameGeekで検索すると様々な役職をみなさんが考えたりしているので、自分でカードを追加してやってみるとさらにゲーム性が深まります。)●1ゲームが20分程度なのでなんども役職を変えたりしてプレイできます...パッチョさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 256
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月11日 21時53分
    4回くらいプレイして、ようやくこのゲームの面白さに気付くことができました。人狼であれば怪しまれて処刑されてしまえばそれまでですが、このゲームは後から挽回が可能。最後にマーリン暗殺フェイズがあるので、どちらのチームでも最後まで気を抜けない。勝つことよりも、楽しむことを目標にしましょう。アルフルさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 406
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月13日 00時18分
    レジスタンス・アヴァロンは、正義陣営と悪陣営に分かれて戦う、正体隠匿型の推理ゲームです。人狼ゲームのように正体を隠して他の人の役職を推理しながら進行するゲームですが、途中でゲームから退場することがなく、またゲーム進行役も必要ありません。『レジスタンス:アヴァロン』の特徴はGM不要で遊べる人狼系ゲームであるところです。また、世界観がファンタジーよりなので、入りやすい部分もあるでしょう。最後としては、赤陣営側は最後に逆転できる暗殺手段があるところにあります。問題点は先程いった暗殺手段があるがゆえに油断できない部分があります。運でもいいので当ててしまえれば、赤側が勝ててしまうのでそういうところ...鉄狼(てつろー)さんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 449
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月14日 12時29分
    司会不要、脱落者無し、少数側に逆転要素あり、時間も長くなり過ぎないと、個人的には人狼の上位互換だと思う正体隠匿ゲームです。人狼に劣っているところがあるとすれば最大10人までしか出来ないというところくらいでしょうか。まあそれはともかく、前作「レジスタンス」にあったイベントカード的なものが無くなり、代わりに特殊な能力を持つ役割が追加されてシステムはすっきり洗練された印象です。正体を知るためのヒントがシステム的に得られないので、より話し合いと投票の重要性が増しました。また、アーサー陣営有利に思わせといて「暗殺者」というカウンターのおかげで弱点にもなりうると言う「マーリン」の存在が絶妙なバランス...大石さんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 155
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月09日 19時09分
    正体隠匿系ですが、裏切り者がゲーム終了まで参加できるというすばらしいゲーム。また、役割カードが複数あるので加えることにより難易度調整ができる点もすばらしいです。さいスケさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー
  • 272
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月09日 06時03分
    ゲーム終了まで脱落者の出ない正体隠匿系の最高峰人狼するには少ないけど(7~10人ぐらい)がっつり隠匿したいときはこのゲーム一択正義軍は5つのクエストのうち3つのクエスト成功を目指すこれだけなら正義軍が有利だけど邪悪軍が全部見えている「マーリン」を「暗殺者」に見つけられると負けなので邪悪軍が透けてきても、最後までどうなるか分からないところが面白いNODA YUJIROUさんの「レジスタンス:アヴァロン」のレビュー

会員の新しい投稿