マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ロビンフッドの伝説The Legend of Robin Hood

ロビン・フッドとその仲間たちによる痛快な悪人狩りゲーム・あなたは悪の伝道師になるか、それとも、ヒーローになりますか?

ロビン・フッドの伝説をもとに作られたゲームです。勝利条件は、ロビン側にとって悪代官を最終的に殺せばよいのかとはならない条件が設定され、かなり時間がたたないと勝利条件を満たすのが難しくなっています。
プレイで使用する地図盤は、エリア式であり、いくつかの重要拠点を示す図柄が描かれています。ユニークなのは旅行者が移動する道路が描かれ、ゲームでは重要な争点の1つになります。
その他に、重要な城郭や弓競技大会の草地などが描かれていて、うまくプレイヤーの興味を引くことになります。

このゲームではいくつかの罠が用意されています。1つが旅行者の登場と移動です。基本的にこの旅行者をロビン側は襲うことで資金を得て、活動を行うことになります。当然、代官側はこれを防止するため行動を起こします。
2つめは、代官側の捕縛行動です。これによりロビンを含むキャラを捕縛でき、身代金や処刑を行えます。
3つ目が、弓競技大会であり、代官側がロビンを捕縛できる最大のイベントになります。この大会が開催されると自動的に戦闘が発生します。この戦闘は勝敗を左右する可能性もある重大イベントです。ロビンは参加しなくともよいのですが、それなりの不利益は被ります。
4つ目は、マリアンとの結婚です。ロビンも代官側も実行可能です。特にロビンは勝利条件に設定されているため、マリアンを両陣営は奪い合うことになります。
5つ目は、リチャード王になります。代官側は、王様を捕縛するだけでロビンの勝利条件を妨害できるので、意外と効果のある捕縛行動になります。

最後に、ロビン・フッドとなって時代を切り開くか、代官となり徹底的に悪の道をひた走るか、挑戦をお待ちします。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. マガジン坊やマガジン坊や
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 3経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルロビンフッドの伝説
原題・英題表記The Legend of Robin Hood
参加人数2人用(120分~140分)
対象年齢12歳から
発売時期1979年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインジョー・ビジオ(Joe Bisio)
アートワーク未登録
関連企業/団体オーエスジー(OSG)アバロンヒル(The Avalon Hill Game Co)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿