マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2014年~

政治献金ゲーム 新版atcktさんのレビュー

171
名に参考にされています
2017年12月09日 23時50分

政治献金ゲーム、という多少ブラックなタイトルですが、ゲーム内容は2種類のカードを集める、簡単なゲームです。問題は片方だけ集めては勝てない、というところです。


▼ゲームの概要

最初に各プレイヤーはカードを1~9、1枚ずつ持ちます。

山札は2種類あり、お金の山札と、選挙得票の山札があります。

最初にお金の山札からプレイ人数分めくられます。


その後に、各プレイヤーは手札から4枚一斉に出します。これらは自分の場札となり、つまるところ、「公開された手札」として扱います。


スタートプレイヤーから手番を始め、カードを1枚だし、公開されたお金のカード、もしくは選挙得票のカードを取ります。この際、それぞれに数字が振られており、使ったカードの数字以下のカードしか取れません。

ポイントはどのカードを使ったか、です。それによって補充されるカードが変わります。
例えば、自分の場札のカードを使った場合、「選挙得票」のカードが表向いておかれます。手札から使えば「お金」のカードが置かれます。

こうして、各自の手札、場札がなくなったらゲーム終了です。

まず、選挙得票のカードを見ます。こちらで2位までのプレイヤーは、お金が「倍」になります。

このゲームの大きなポイントがこれです。お金を集めすぎても勝てない。かといって、選挙得票ばかりだと、2倍にしても大した金額にならず、勝てない。そこをうまくやる、というものです。


▼プレイの感想

あちらを立てればこちらが立たず、というのを地で言っているゲームですね。
すごく単純ながら手札、場札のどちらで取るか、というのを次のプレイヤーの動向を見つつ判断していきたいところです。

使う時も、残っているカード、そして、得票の数字は緩やかな比例(カードの数字に対して)なので、どれを取るか、さらに他のプレイヤーが大体どれくらい集めているのか、その辺りを考えながら遊ぶとすごく楽しいと思います。しっかり覚えている必要はそこまでありません。でもばっくり覚えておくといいことがあると思います。

昔、ドイツでゲーム作成のコンベンションがあり、その中でできたゲームということでした。
当時遊んで、すごく面白かったことを覚えています。再販されてよかった。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 19経験あり
  • 2お気に入り
  • 14持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル政治献金ゲーム 新版
原題・英題表記Stimmvieh: Ihr habt die Wahl!
参加人数3人~4人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿