マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~40分
  • 8歳~
  • 1993年~

石の家白州さんのレビュー

104
名に参考にされています
2018年02月07日 06時07分

8/10

ピラニアペドロのようなリアルの石を使う珍しいゲーム笑

その石を競って家をつくるというテーマがウリ。

それだけでも面白いのだが、石を手に入れるために、3種類の競りから選ぶのが面白い。

特に「嘘をついても良い競り」が、他のゲームにはあまりないユニークな選択肢で独特(他は普通の競りと握っての競り)。

石を5個以上競り落とした人は、片手で「2個の石を組み上げたもの(柱)x2とその柱の上に1個の石を置く(屋根)」を置いたもの(家)を完成させれば勝利。

もちろん全ての石は違う形なので、石によって入札価格が違ってくるし、評論会が始まるところが特に面白い笑

戦略ゲーというよりかは、ネタゲーに近いが、なかなかない珍しい体験ができるので、ぜひ一度は体験したいところ。

システム的には5点だが、石を使うコンポーネントで+1点、石で家をつくるというアイデアに+1点、このゲームのイラストレーターが大好きなので+1点。

ピラニアペドロもそうだが、こういうタイプのゲームは流通が少なくレアなのが残念。

ちなみに、パッケージがパッと見、似ている「石器時代」というボードゲームもあるが、こちらはバカゲー条件カード(例を上げれば、ブードゥーとか狂気山脈とかガッチャとか)が入った石積みゲームであり、「石の家」とは違うゲームなので、間違えないように。そっちも楽しいんだけどね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 10経験あり
  • 1お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル石の家
原題・英題表記Sozoikum
参加人数2人~5人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期1993年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインライナー・クレーン(Rainer Kroehn)
アートワークミヒャエル・メンツェル(Michael Menzel)
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿