マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分~50分
  • 1991年~

スヌーピーの宝探しカシスオレンジとスクリュードライバー♂さんのレビュー

68
名に参考にされています
2020年08月08日 07時54分

カードを出して道を繋げていきお宝にたどり着いたプレイヤーの勝ち。

指定された地形を指定された順番通りに通らないとお宝カードを置けないので、上手く自分が通るコースを作っていくゲーム。

地形は4種類、ジャングル、サバンナ、みずうみ、いわやま。みずうみといわやまが平仮名表記なのは多分子供向けゲームだからだと思う。

説明書を読んだ時はお邪魔者に似てるなあと思い、実際似ていた気がします。

他のプレイヤーを進めなくさせるカードなんかもあるので、お互いに邪魔をするゲームです。


プレイしてみた印象は、『お邪魔者の個人プレイ』といった感じ。


かなり古いゲームで、古いなりに考えられているみたいですが

同じ形の道は他のカードと交換できるルールがあり

裏を返せば同じ形の道じゃないと交換できず、

その後の進行やゲームクリアが不可能になるいわゆる詰み状態のプレイヤーも発生する。しかもわりと高い頻度で発生する。


改正点としては道の形が違っても同じ地形なら交換できるルールを追加するのが良い。

これはプレイした全員の総意。むしろ勝手にルールを追加したいくらい。ハウスルールとしてはぜひ採用すべき。


スヌーピーが書かれている道は交換不可なので、完全に対策できるわけではないが

同じ地形は交換可になれば詰み状態はかなり減ると思う。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
カシスオレンジとスクリュードライバー♂さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルスヌーピーの宝探し
原題・英題表記Snoopy no Takarasagashi
参加人数2人~6人(20分~50分)
対象年齢未登録
発売時期1991年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体ヨネザワ(Yonezawa)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

カシスオレンジとスクリュードライバー♂さんの投稿

会員の新しい投稿