マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2014年~

サンファン:第二版sugar_ray1956さんのレビュー

615
名に参考にされています
2017年06月29日 08時12分

名作ボードゲーム『プエルトリコ』のテーマをカードゲーム化したものとのことです。私は、プエルトリコは未プレイです。

南米プエルトリコの都市サンファンの為政者となって、工場や様々な建物を建て、都市を発展させましょう。
ルールは非常にシンプルで、手番が来たら、5つのアクション、①建築士(コストを払って建物を建てる)、②監督(工場で商品を生産する)、③商人(生産した商品を売って手札を増やす)、④参事会議員(複数枚カードを引いて選んで手札にする)、⑤金鉱掘り(自分だけカードを引く)、から1つを選ぶだけです(他プレイヤーが選んだアクションは選べません)。
特徴的なのは、自分が選んだアクションは他のプレイヤーも実行できるということです。ん?では、選ぶ意味があるの??
あります。自分が、選んだアクションは自分だけ、少し効果が追加される『特権』があります。
たとえば、①建築士の特権は、建物の建築コストが1減、②監督の特権は1つ多く商品を生産できる、など。
誰かが12個の建物を建築した時点でゲーム終了、建物の勝利点の合計が高いプレイヤーが勝利です。

このゲームのシステムのすごいところは、カードの種類が建物カード1種類しかないところです。手札が、建築コストのお金にもなります。
建物を建てるためには、建築コスト分の手札を捨てる必要がありますが、建てたい建物は建築コストとして支払いたくないので、自分の手番では①建築士ではなく、②監督を選ぼう、といったふうに悩むところがこのゲームの面白さです。
また建物にはそれぞれ効果があり、手札の引き運の中で最善手を考えるのが面白いです。

iOS、android ともに(英語ですが、)アプリが出ており、私は、ゲーム会で初プレイしたあと、『またサンファンやりたい!!』の禁断症状をアプリで抑えています=3
(ボードゲーム歴は浅いですが、)そのくらい面白いです。

サンファンの第1版では、ギルドホールという建物がバランスブレーカーと言われていたようですが、第2版ではその効果が少し抑えられています。
また第2版では、新たな建物が10種類ほど加わっています。
第1版は日本語版が発売されていますが、第2版の日本語版は2017年6月現在、発売されていません。『こんなに面白いゲームの日本語版が発売されていないのか。。。』と思いますが、それだけボードゲームの日本市場はまだまだ小さいということでしょうか。

プエルトリコ、サンファンのシステムをベースとして、レースフォーザギャラクシーやロールフォーザギャラクシーなどのゲームに発展していったようです。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • たつきち
  • Nobuaki Katou
sugar_ray1956さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 123興味あり
  • 269経験あり
  • 71お気に入り
  • 211持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力13
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルサンファン:第二版
原題・英題表記San Juan (Second Edition)
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

sugar_ray1956さんの投稿

会員の新しい投稿