マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~80分
  • 13歳~
  • 2012年~

隔離病棟大石さんのレビュー

41
名に参考にされています
2016年03月26日 00時52分

山ほど詰め掛ける患者を治療し、病院を拡大していくゲームです。

プレイヤーは総合病院の経営者(?)になります。四種類の来院者をそれぞれの症状に対応した病室に通し、治療することで収入を得て、そのお金を使って病院を拡大し、病院の規模や配置の仕方で得られる点を競うというのが大筋の流れです。

患者は毎手番ランダムに四人ずつやって(引いて)来るのですが、必ずしも自分の病院に呼ばなくても良いというのが中々面白いシステムです。先述したとおり患者はそれぞれ対応した病室に通さなければ治療できないので、同種の患者ばかりがやって来ると自分の病院だけでは処理し切れなくて病院の前に長蛇の列ができてしまいます。治療が滞れば収入も思うように入らなくなる。そんなわけで厄介な患者は他プレイヤーの病院に並ばせてしまおうと。(まあ治療費は資金源でもあるので必ずしも妨害にはならないのですが)

また、ランダムに引かされる患者駒の中には疫病駒が混じっていることがあります。この駒は他の患者駒とは違い玄関を通さずに病院内に配置され、配置された病室やその他の施設の機能を停止させるので、直接的な妨害としてゲームを盛り上げます。

時間的にはそう重い方でもないのですが、施設の入札の仕方や効果の種類の豊富さ等、ややとっつきにくいところもあるのでゲーマー向けといった感じの内容かと思います。それとゲームには関係ないですが、患者駒を入れる袋の手触りが異常に良く、癖になります。あれだけでも十分買う価値はある、かもです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大石さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 4経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル隔離病棟
原題・英題表記Quarantine
参加人数2人~4人(60分~80分)
対象年齢13歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク