マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2018年~
196
名に参考にされています
2018年12月22日 19時56分


ラーメンの種類や都道府県などを「形容詞だけ」を使って、推理する協力ゲームです。形容詞は主観に基づく点が大きく、あれやこれやいうだけで、楽しいゲームです。


▼ゲームの概要

最初にお題カードがめくられます。お題カードには6つのお題(A~F)が書かれています。

次に各プレイヤーにA~Fのカードがこっそり1枚ずつ配られ、担当するお題が決まります。残った1枚を当てるのがこのゲームの目的です。


手番プレイヤーは、形容詞カードの山から1枚引き、両面に書かれている形容詞のいずれか1つを選んで真ん中に置きます。

各プレイヤーは、自分の担当するお題がそれに「当てはまる」と思えば、自分のキューブをそのカードに置きます。そうでないなら、置きません。

これを繰り返していき、「誰も持っていない、残ったカード」がどれか分かれば答え合わせをします。

この時、得点を得ます。

規定回数行い、それぞれの回数に応じた目標点に達していれば、プレイヤー側の勝利です。そうでないなら負けとなります。


▼プレイの感想

ルールを読んですごく面白いと思っていましたが、遊ぶと思った以上に面白いですね。これはいいと思いました。

お題が本当に「普遍的」というか、(偶然かもしれませんが)それなりに興味のあることでした。

そして、それに合わせられる形容詞カードがなかなか良いです。片面は簡単な形容詞、裏面はやや難しい形容詞が書かれています。その形容詞の意味すら、人によって多少異なるという感じのものです。

画像のように、ラーメンのお題に「広い」と言われても、どうでしょうか。


余談ですが、エキシビジョンでやった、電源ゲーム(ファミコンやWiiなど)がかなり盛り上がりました。その辺が好きな人もいたのもそうですが、様々なポイントを指摘して、当てはまっている、いや違う、などなど。

各自が独自で作れるようにシートが付属しているのが本当に良いです。この手のゲームではかなり好きな部類になります。


余談ですが、箱イラストが結構不気味に見えるかもしれません。

クトゥルフで見たようなー、って話してたらサークルのキャラクターなんだそうです。ほかの友人が話していたカープの「スライリー(ビジターユニ)」ではないようです。でもそうにしか…


箱のイラストに騙されず、4-5人で遊ぶ機会がありそうなら、騙されたと思って遊んでみてほしいです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 28経験あり
  • 4お気に入り
  • 25持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル謎解きは形容詞のあとで事件簿
原題・英題表記Nazotoki ha Keiyoushi no Atode Jikenbo
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク