マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 30分~90分
  • 2020年~
180名
1名
0
5ヶ月前

1942年8月、アメリカ軍は突如として日本軍が飛行場を建設中であったガダルカナル島に上陸、対する日本軍もすぐさま迎撃のための艦隊を近海に突入(第一次ソロモン海戦)、増援の陸上部隊を送り込み、太平洋戦争の分水嶺となったガダルカナル島を巡る一連の戦いが始まります。

本作は、アメリカ軍の支配下にある飛行場への艦砲射撃の実施と、さらなる増援となる陸上部隊(第三十八師団)を載せた輸送艦隊の突入に伴い、史実では同年11月11日から12日かけて発生した第三次ソロモン海戦を題材にしたソリティアゲームになります。プレイヤーは日本軍の艦隊司令官となり、複数の艦隊を指揮します。

マップは日本軍の根拠地があったブーゲンビル島からガダルカナル島までの1000キロに及ぶ海路を表した「艦隊マップ」、ガダルカナル島付近に突入した際に用いる「作戦マップ」、さらには戦闘が発生した際に用いる「戦術マップ」という3種類のスケールが異なるマップを用い、アメリカ軍の制空権下で索敵や空襲をかいくぐりつつ艦隊移動をおこない、タイミングを見計らってのガ島近海への突入、待ち受けるアメリカ艦隊との戦闘と緊迫感のある展開になります。

ソリティアのため様々な判定をおこなうためにドローするチットの結果に依存する面が少なからずありますが、日本軍の敗因のひとつとなった長大な補給線、制空権を奪われた海域での薄氷を踏むような艦隊移動、戦況や突入タイミングの判断、狭い海峡での白刃の斬りあいのような戦闘など、日本軍がおかれた状況を実感できる作品になっています。

ゲームの詳しい内容、プレイ内容は次の記事で紹介しています(ゲーム自体の紹介は記事の後半です)。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
蛇の婿
仙人
yuishi
yuishi
シェアする
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

yuishiさんの投稿

会員の新しい投稿