マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2016年~

マモノノ~まものの喚(よ)び方~ぽっくりさんのレビュー

243
名に参考にされています
2016年11月30日 00時24分

マモノを召喚するオークション+バッティング。システムが面白い!

ラウンド毎にテーブルの中央に置かれる魔石。魔石を獲得しておくことで、マモノを召喚することができます。

この魔石を巡ったバッティング型のオークションシステムと、召喚できるマモノの奪い合いが熱い心理戦に導いてくれます。

『おい、そのマモノは取るなよ!…ああーっ!取られた!…計画が狂ってしまった。どうしよう。』となるあたり魔石(宝石)の見た目も相まって、宝石の煌めきのそれと、どことなく似てる気がします。


中央に置かれた魔石は、忠誠心ポイント(いわゆるお金)を最高額でBETしておくことで獲得できるブラインドオークション。

ラウンド開始時に、手持ちの忠誠心ポイントをいくらか握り込み『せーの』で公開します。こんな感じ。

1位の人がその握っていた忠誠心ポイントを支払い、魔石を総取りします。それ以下の人は自分の財布に戻ってくる親切設計。

…と思いきや、ここにバッティングシステムが介入してきます。

忠誠心ポイントのBET額が被ってしまうと、悲しいかな魔石を得られないうえに、バッティングした人達は忠誠心ポイントをボッシュートされてしまいます。

つまり『この魔石べつにいらないけど、3忠誠心で手に入るならまぁいいか』という費用対効果理論で攻めると、当然それはみんなが行き着きやすい妥当な値付けなので、バッティング率が上がってきます。バッティングは百害あって一利なし。

そういうことなら、ちょっと多めに張っておくか…』と考えれば、『待てよ…あいつも同じ結論に辿りついて、またバッティングするんじゃ…』という、裏読みの深読み。心理戦が迷宮入りしていきます(笑)

ゲームが終わった時はこんな感じです。これは3人で短めにやりたいときのセットでプレイしたときの清算シーン。11点、11点、8点と僅差です。

基本的に、忠誠心を得る→魔石を手に入れる→マモノを召喚する。という、先立つ物を手に入れて次へと転換していく流れになるので、普通に馬鹿正直にやってれば(もしくは捻くれ者同士でやってれば)、差しつ差されつの展開になりそうです。

ちなみにマモノの特殊効果、地味でイヤラシイ感じの攻撃系が半分くらいです。魔石を奪ったり、スライムを奪ったり。

3,4,5点差(マモノ1,2召喚分)を奪い合うボードゲームなので、地味な攻撃が後々に響いてきそうなので非常に鬱陶しい(笑


心理戦が元凶となるバッティングリスクと、得られる魔石と召喚の手番というリターンを天秤にかける。オークションとバッティングを上手いこと組み合わせた作品だと思います。

ゲムマ2016秋で出展されるそうなので、試遊をしてみると良いかもしれません!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ぽっくりさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 71経験あり
  • 18お気に入り
  • 67持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルマモノノ~まものの喚(よ)び方~
原題・英題表記Mamonono
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン株式会社ケンビル
アートワークU井TANSAN
関連企業/団体株式会社ケンビル
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ぽっくりさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク