マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 45分~90分
  • 1989年~

マジックマスター2:紋章使いFurukawa Sorwhichさんのレビュー

150
名に参考にされています
2016年11月26日 11時12分

30年ほど前のゲームになるでしょうか。

「紋章使い」と呼ばれる魔法使いが魔物を召喚して自分の代わりに戦わせる、というポケモンを思わせる設定のカードゲームです。

最初に手元にいるのは「忌まわしき者」というドロドログチャグチャのよくわからないクリーチャーですが、状況に応じて10種類の様々な個性を持った魔物に変身させ、さらに能力を強化したり特殊能力を付与するなど成長させ、戦いを有利に導きます。

魔物の個性や手札の流れ、相手の魔物の成長具合などを見ながらその都度、戦術を練り直す必要があり、決まりきった攻略法がないところがこのゲームの魅力です。この局面では攻撃力をアップされるべきか、それとも「石化」をプラスして相手の動きを封じる策でいこうか。プレイする度に「次はこういう手を試してみよう」と思えるゲームです。場合によっては自らの魔物を盾にしつつ、自分の魔法で攻撃というのも面白い戦術かもしれません。

この手のカードゲームの中ではルールや世界観は決して簡単ではありませんが、根気よく数回やればボードゲーム初心者であってもルールは把握できるでしょう。初心者~中級者には強くオススメです。

最大6人までプレイ可能ではありますが、ゲーム自体が1対1を想定してデザインされているのでできれば2人でやって頂きたいです。2人プレイ時の逃げ場のない独特の緊張感はなかなか味わえないタイプの楽しさです。





0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Furukawa Sorwhichさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 40経験あり
  • 14お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルマジックマスター2:紋章使い
原題・英題表記Magic Master 2: Emblem Master
参加人数2人~6人(45分~90分)
対象年齢未登録
発売時期1989年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン中村 聡(Satoshi Nakamura)
アートワークニーメイヤー ポール
関連企業/団体翔企画(Sho-Kikaku)
拡張/関連元マジックマスター3(1991年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Furukawa Sorwhichさんの投稿

会員の新しい投稿