マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ラ・イスラLa Isla

ラ・イスラ島にいる珍しい動物を集める、というテーマのゲーム。

特殊な形のタイルを組み合わせて島を作る。タイルはしっかりしているが、プレイヤーボードや得点ボードはペラペラの厚紙なのでちょっと頼りない。探検家コマも小さい。


システムは、手持ちのカードを使って資源を得たりコマを配置していく内容。カードはいつ使うか、どの側面を使うか、によって効果が分割されているタイプ(1枚のカードに効果はいくつか書かれているが、使用できるのはそのうちの1つ)。順番はほとんど同時進行で、コマの配置の時だけ順番がある、という感じ。長考する人がいなければけっこうサクサク進む。

自分のボードにカードを差し込むと、自分だけに永続的な効果が得られるので、その効果をうまく使用したりコンボ的に連携させたりするのが楽しい。

カードには簡略化した効果の絵が描かれているが、分かりにくいので説明書と照らし合わせて確認する必要がある。これはステファン・フェルトって人が作ったゲームだけど、この人にしては中量級のゲームらしい(1時間かからないくらい)。


バランスはしっかり考えられていると思う。動物チップや資源キューブやコマやタイルなどコンポーネントは多種あるが、全ての処理は手札を使って行うので、カードゲームという感じでもある。しかし、そのカードのサイズは小さく大量にあるので、若干やりにくい感じはある。

コマの配置等で他人と関わる場面はあるが、基本は手札とにらめっこして考えてプレイするスタイルなので、ソロプレイ感もある。カード効果も視認性が微妙なので初心者向けではないかな。得点計算はわかりやすい。


どこに配置してどの動物を取るか、も悩ましいので、慣れた人同士なら楽しいかも。最大の魅力は、自分の個人ボードに差したカード効果の恩恵を楽しめることかな。最終的に動物タイルをたくさん集めるといいんだけど、動物タイルはそのマスを探検家コマで囲むと獲得できる、というちょっと変わった取り方なので、コマの配置も陣取り的な感じで面白い。

ラ・イスラ島のタイルも組み合わせると10角形? のボードになるので、見た目はいい感じ。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:フクハナ
マイボードゲーム登録者
  • 23興味あり
  • 96経験あり
  • 11お気に入り
  • 75持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルラ・イスラ
原題・英題表記La Isla
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 148
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月21日 23時54分

    珍しい動物は周りを囲んで捕まえろ!ラ・イスラという島に居る、動物を捕獲していきます。それにあたって、毎ラウンド配られる3枚のカードをどのように組み合わせ使うか悩ましいゲームです。動物の価値の合計が15に達するとゲーム終了です。準備としてはテーブル真ん中に10角形のボードがあります。ボードには沢山のマスと色々な数字と動物の絵のチップ置いてあります。端には点数トラックと動物の価値を表すトラックがあります。各プレイヤーにはコマが5つと動物チップとマイボード(?)があります。マイボードにはラウンドの進行のサマリーとカードを入れるポケットが3つあります。カードを配る山札があります。カードそれぞれに...

    82BG@19秋GM(土日)出展さんの「ラ・イスラ」のレビュー
  • 149
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月21日 21時50分

    ラ・イスラ島にいる珍しい動物を集める、というテーマのゲーム。特殊な形のタイルを組み合わせて島を作る。タイルはしっかりしているが、プレイヤーボードや得点ボードはペラペラの厚紙なのでちょっと頼りない。探検家コマも小さい。システムは、手持ちのカードを使って資源を得たりコマを配置していく内容。カードはいつ使うか、どの側面を使うか、によって効果が分割されているタイプ(1枚のカードに効果はいくつか書かれているが、使用できるのはそのうちの1つ)。順番はほとんど同時進行で、コマの配置の時だけ順番がある、という感じ。長考する人がいなければけっこうサクサク進む。自分のボードにカードを差し込むと、自分だけに永...

    フクハナさんの「ラ・イスラ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿