マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 60分~80分
  • 10歳~
  • 2010年~

K2maroさんのレビュー

143
名に参考にされています
2020年07月08日 22時20分

ゴールに近づくにつれて配置条件が厳しくなるレースゲームです。

進めば進むほど移動するコストが増し、体力の消費が激しくなり、1マスに入れるユニットの数も制限されるというシステムをK2登山というテーマに見事に当てはめています。


毎ラウンド、6枚の手札の中から3枚のカードをプレイします。登る、降りる、順応する(体力回復)、などの選択肢があります。

標高が上がるにつれ行動時の体力の消耗が激しくなり、この体力がゼロになってしまうと死んでしまいます。

プレイヤーは2つの登山隊のコマを持ち、それぞれが登った標高に応じて得点が入ります。


天候はこのゲームにおいても登山の成否にかかわる重要なファクターです。この天候の変化は予測できるため、どこまで登り、順応し、また時には高度を下げるかのタイミングや判断が大切になってきます。

ゲーム内では移動のリスク、天候の変化による困難さの増加、テント、ロープなどの道具など、高山における登攀登山の要素をリアルに再現しています。

高所になると1人しか入れなくなることで、他プレイヤーとのインタラクションを表現。山頂に近づくにつれ、一歩一歩が重たくなる様子も感じられます。


冷静に考えれば、何の変哲もないレースゲームに、体力消耗、移動力制限などのパラメータを加えただけなのですが、本当に登山をしているかのような感覚を味わえるのは素晴らしいです。基本的にカードプレイで行動を選択するだけなので、ルールもシンプルです。

勝利条件も単純で見通しも良いといえますが、裏を返せば多様性はあまりない為、人によっては繰り返しのプレイでそのうち飽きてしまうかも......という懸念はあります。

中古市場では時折見かけますが、今年中に再販もあるようです。

BGAでもプレイ出来るため、興味がある方は是非遊んでみて下さい。

評価6/10  重さ5/10

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
maroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 137興味あり
  • 418経験あり
  • 83お気に入り
  • 245持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力11
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルK2
原題・英題表記K2
参加人数1人~5人(60分~80分)
対象年齢10歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿