マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ジャックと豆の木Jack and the Beanstalk

豆の木を大きくなるように育てていくカードゲームです。

場には、黄色・緑色・赤色の豆の木の根っこカードが横一列に並べられ、上に目安マーカーが置かれます。(このマーカーは、豆の木が10枚目になったときに移動し、数えやすくなるために使われます)
各プレイヤーは3枚の豆の木カードを持ち、1枚場に配置しては、山札から1枚補充して手番が移っていきます。
豆の木は、色と最低でも1本の豆の木と連結していれば配置できます。もし、配置できなければ、山札から1枚補充して手番が終了します。
どこかの豆の木に16枚目のカードが配置されるとゲームが終了し、その時点で、手札の豆の木カードの右上の数字の合計が減点となり、最も少ない人が勝利します。

豆の木カードの一部にはアイコンが描かれているものもあり、2枚場にカードが出せたり、次のプレイヤーの出すカードの場所を制限できたり、手番をスキップできたりします。
カードの中に1枚だけある「斧カード」は、1本の豆の木を好きな位置から切り倒せる強力なカードです。
また、それぞれの豆の木には「黄金の雌鶏カード」があり、それが配置されると、「飛び立つ黄金の雌鶏カード」が出されるまでは、誰もその豆の木にカードが出せなくなります。
そうした特別な豆の木カードが、予想外の展開を起こす軽めのカードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. たろうたろう
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルジャックと豆の木
原題・英題表記Jack and the Beanstalk
参加人数3人~6人(20分前後)
対象年齢5歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインソ・ギョンミン(Gyeong-min Seo)
アートワーク未登録
関連企業/団体デインコ・ゲームズ(Deinko Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿