マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 1998年~

ITCatcktさんのレビュー

129
名に参考にされています
2017年09月30日 23時26分

物流をテーマにした経済ゲームです。

ルールがかなりわかりにくい部分が多いですが、やることはそんなに難しくはありません。サイコロがありますが、うまく機能していると思いました。


▼ゲームの概要

ボードは大きく2種類に分かれます。
世界の大陸を表すスペースがあり、ここに商品を置いて売買を行います。
もう1つはトラックや飛行機といった輸送を管理しているスペースです。輸送のスペースは一番下のマスから始まって、上に移動していき、最後のマスからマス外に出ると、デリバリーが完了したことを示します。

さて、手番を時計回りに行います。

手番では最初にアクションカードを引きます。アクションカードには即座に適用されるカードと、手札にキープできるカードがあります。手番にはアクションカードを1枚しか使えないので、タイミングを見て、うまく使う必要があります。

その後、サイコロ3つの内、2つを振ります。

8面体の緑、赤、青の3種類があり、それぞれアクションが異なります。そして、出目はアクション数を示します。つまり、どの関係のアクションをするかを決めて、そしてサイコロを振り、そのいずれかを使います。2つ振るのは出目がどうしようもない時の回避策ですね。

このアクションの前に説明する者があります。

ゲームはTカードというものがあり、それのカードがプレイヤーによってボード下側にある物流のスペースに置かれ、最後、一番上から外に出ると、いずれかの地域にデリバリーされます。

デリバリーされるとカードに描かれた色のマスにキューブが置かれます。

そして、デリバリーしたプレイヤーに収入が入ります(カードに書かれています)

こうしてデリバリーされたキューブはその地域にキューブを置いているプレイヤーのいずれかによって販売されます。販売は「価値の低いもの」から種類別に置かれます。


さて、ついてきているでしょうか?

サイコロの話に戻ります。

まず青ですが、デリバリーに使用します。Tカードを一番下に置く、そこから1つずつ上に上げる、というのはそれぞれ1アクション使用します。それぞれ段階を示していて、斜めに移動などは自由に行えます。全てふさがっている場合はそれ以上上げられませんが処理が複雑なのでここでは省略します。

次に緑です。これらは大陸のスペースでのアクションを行えます。自分のキューブを置いたり、置かれている商品を売ったりします。売ると自分のキューブは規定数手元に戻ってきますので、定期的に置きに行く必要があります。

そして最後に赤です。赤は6アクションありますが、出目分Tカードを引かなくてはいけません。残ったアクションで上記のいずれのアクションでも行うことが出来ます。


基本的にこれらを繰り返して、ゲーム終了となるお金まで集めたプレイヤーが出たラウンドで終了です。全員が同じ回数手番を行って、お金を一番持っているプレイヤーが勝ちます。

お金はデリバリーした際、そして商品を売った際にもらえます。


さて、これ以外にさらに「闇市(マフィア)」というスペースがあり、あふれたり、消えた商品がここにきて、ここを牛耳っている1人のプレイヤーによって販売されることがあります。このスペースは他のプレイヤーから攻撃されることもあり、し烈な戦いとなります。

もう少し細かいルールがありますがざっとはこんな感じです。



▼プレイの感想

少しどころか、結構分かりにくいゲームです。雰囲気、ドイツの同人ゲームな雰囲気があります。ありますが、よくできているように感じました。サイコロのリスク、メリット・デメリットをしっかり管理すること。他のプレイヤーに対してどうすればいいか、自分に有利にするために、最適な環境でアクションカードを使用する、など。

プレイの雰囲気としてはやや古い、例えばエネルギーポーカーを遊んだ時と同じような感じを受けました。古い、でもしっかり考えどころが合って面白い、そんな感じです。

最初のハードルが本当に高いのですが、それを超えると、なるほどー、と遊べるゲームになります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルITC
原題・英題表記ITC
参加人数3人~5人(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿