マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大漁市場If Wishes Were Fishes!

  • 大漁市場の画像

魚を捕まえて売っ払うか、願いをかなえてもらう代わりに放流するかの2択が悩ましいゲーム。


【ざっくり解説】

 7種類の魚を捕まえて売るゲーム。ざっくりいうと影響力比べ(エリアマジョリティ)と、カード取り合いのゲーム。そして、それを有利にする願い(10種類の特殊能力)があるゲームです。

 魚カードを取る時に売るために手元に置くのか、願い(特殊能力)を叶えてもらうかわりに放流するのが悩ましいです。願いは非常に強力です。影響力争いを有利に働かせるものや、売却時の手数を減らしてくれたりします。

 見た目は可愛らしいファミリーゲームのような顔をしていますが、本質はやや入り組んだゲーマー向けのゲームです。ルールはシンプルだがやや万人向けゲームというには難しめです。


【長所】

 カード取り合いがコスト(ミミズ)を払う代わりに列の奥のカードを取るか、無料で一番手前のカードを取るかで悩むゲーム性でここがシンプルに面白いです。ミミズはカードの取り合いを有利にするだけでなく、勝利点に変わることもしばしばなので、安易に払いすぎると辛くなります。

 他にも魚の売値を加算してくれるバイヤーの存在も面白く、今何を今売るべきかの指針になるし、バイヤーを移動させるのは主に「願い」なので、「願い」の存在の重要性を高めています。


【短所】

 やや特殊能力が強い、特殊能力ゲーなこと。魚は同じ種類を集めて願いの効果で売るのが強力です。ミミズの数だけ勝利点が貰える効果なども強力で、特殊能力を上手に活かせるかのセンスがゲームの腕に直結しやすいです。

 カードドラフト、エリアマジョリティ、10種類の特殊能力に、決算順が後なほど有利になるシステム、ミミズの数の管理など、要素がメチャクチャ多いです。ただ、それらは複雑すぎずシンプルなルールでまとまってはいます。


 カードを取る時に払ったミミズを場のカードの上に、蓄積していくシステムはミミズが置かれたカードが見にくくて不便です。コインで代用しても良いので、コインで遊んだほうが利便性が良いです。


【個人的な評価】

 要素が多少多いものの、基本だけで言うとシンプルなゲームです。捕まえた(場から取った)魚を売る、売った数で影響力比べをするが主体になっています。専門用語でいうとカードドラフト、セットコレクション、エリアマジョリティというわかりやすい3本柱で成り立っています。しかし、難易度は高い組み合わせです。

 そこに味付けする10種類の願いが複雑化の要因です。しかしそれらも複雑すぎず、ゲームをある程度噛み合いゲーにする程度にうまく働いています。ゲーマーズゲームに万人向けゲームらしく、緩和するような味付けとして10種類の願いがあるイメージで間違いないかと思います。


 推定プレイ回数は2~3回です。久々に遊びましたが、ルールを思い出すためのテストプレイの段階で当たりを確信していました。シンプルさと複雑さの組み合わせ方が絶妙ですね。10種類の願いはむしろほどよくゲームを緩和しています。これが無ければ確実にゲーマー向けゲームです。

 また要素は多いのですがそれらがきちんと有機的に結びついており、無駄な要素は何1つありません。正直本レビューを書く時に、長くなりすぎないよう端折るところを選ぶのに苦労したほどです。それぐらい良いゲームです。デザイナーは有名でないし、入手は困難ですが絶版マニアは一度は遊んでみる価値があると思います。

 個人的にはもう3回はプレイしてみても良いかなと思います。良いゲームです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:マクベス大佐@ボドゲブロガー
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル大漁市場
原題・英題表記If Wishes Were Fishes!
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

56名が参考
(2020年10月04日 17時43分)
魚を捕まえて売っ払うか、願いをかなえてもらう代わりに放流するかの2択が悩ましいゲーム。【ざっくり解説】7種類の魚を捕まえて売るゲーム。ざっくりいうと影響力比べ(エリアマジョリティ)と、カード取り合いのゲーム。そして、それを有利にする願い(10種類の特殊能力)があるゲームです...
続きを読む(マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの「大漁市場」のレビュー)
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿