マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分前後
  • 9歳~
  • 2008年~

サメ警報コン(※個人の主観です。)さんのレビュー

196名 が参考
0名 がナイス
約4年前

 サメとイルカ、たった二種類のカードを使って騙し合うと言う、『少しクセのある』カードゲームです。(そう言うの好きな人は即買いですよw)

 勝利条件はカードゲームのくせに(?)三種類もあるのですが、ここにも若干クセがあります。

 手札から1枚ずつ場にカードを裏向きにして出して行き、そこから自分のカードをオープンにしたり、相手のカードをオープンにして奪えたり、そしてまた手札からカードを裏向きにして出したりするのですが、

 ①自分の場にサメカードを、『他のプレイヤーより3枚以上多く』オープンにする(例:相手が0枚なら3枚で、1枚なら4枚、2枚なら5枚、、、という風に)

 ②自分の場にイルカカードを、7枚オープンにする(以上ではないので7枚早い者勝ち)

 ③相手プレイヤーが①の条件を満たした時に、『自分の場のカードが1枚もオープンになっていない状態で、そこから連続して5枚イルカカードのみをオープンにする』(←この場合、①は取消され、③の条件を満たした人の勝利)

 以上の三種類が勝利条件です。

 ちなみに、相手の裏向きにしてあるカードをオープンして奪うには、最低1枚自分の場にサメカードがオープンになっている必要があります。(イルカしかオープンしてない場合は相手からは奪えません。)

 もしオープンした相手のカードがサメなら、そのサメを奪う事ができ、なおかつ相手の場に山札から、裏向きのままカードを置く事ができます。(相手は中身を確認してはいけない)

 オープンした相手のカードがイルカの場合は、イルカを奪えますが、自分の場のサメを相手に1枚奪われてしまいます。

 最初は『、、、、、、、、何これ?』となりながらのプレイですが、皆が何となく雰囲気を察知し出した所から、グッと勝負が面白くなってきます。サメでカードを奪う時のリスクとリターン両方がとてつもなくデカいからです。

 特に気心知れた仲間とのブラフの掛け合いは、すごく白熱します。

☆個人的評価☆超良い

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
コン(※個人の主観です。)
コン(※個人の主観です。)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 59興味あり
  • 187経験あり
  • 22お気に入り
  • 125持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルサメ警報
原題・英題表記Hai-Alarm!!!
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

コン(※個人の主観です。)さんの投稿

会員の新しい投稿