マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2007年~

エスカレーション!白州さんのレビュー

200
名に参考にされています
2017年12月22日 12時15分

7/10

一時期、昔さながらのウノや大富豪の如く、友人とやりまくったゲーム。

ルールはシンプルで、前の人よりでかい数字を出して、出せない(もしくは意図的にパス)場合は、今出されているカードを全て失点(1枚1失点)として、自分の手元に置き、失点が少ない人が勝ちのゲーム。

大富豪の特殊ルールなしで、出せなかったら失点バージョンといえば、わかりやすいが、特筆すべき点もいくつかある。

まず、このゲームではカードの数字はトランプと同じで1〜13まであるのだが、枚数配分が違う。

基本的には数字がでかくなるほど、枚数が少なくなっており、これは同じ数字を出すと足し算して、出すことができるため。例えば、7が2枚であれば、単体の13に14として出すことが可能。

そして、手札は6枚しかなく、出したら6枚になるように引く必要があるため、ただ適当に出していると作業ゲーに感じがちだが、2〜7は特に枚数が多く設定されているため、ここを考慮しながら、手札マネジメントをしていくと、強い数字をつくりやすいため、勝率があがっていく(もちろんそれなりに運も必要だが、確率の問題)。このゲームの評価が低い人はここらへんを考えていないで、ただ出しているだけだと思う。

また、2〜7のどれにでも変化するジョーカーもあるので、やはり2〜7をまとめるのは強く、山札がなくなって誰かの手札が0になった瞬間終了(そのとき手札があるプレイヤーは全て失点)なので、手札を同じ数字でまとめるのが基本戦略なのは間違いない。

一応最大攻撃力は7の6枚だしの42だが、基本的に19以上出せば、だいたいつぶれるので、もしあっても、終了間際をのぞけば、3−3で21ずつ出してもいい。あと、一気に出すと手札の総入れ替えもできるので、結果的にまた揃いやすくなるので、やっぱり数字をまとめるという意気込みがないとこのゲームには勝ちづらい。

あとは、凶悪なパスカード(数字そのままで無傷で隣の人に手番を回す)こともあるが、そこまでゲームバランスを崩壊させてないので、ドラマを生むカードの1つとなっている。

プレイ人数は2〜6人で何人で遊んでも面白さは安定していたが、回ってくる手番の数が変わるので、それなりに感じ方は異なる。個人的にはみんなでわいわいできる5〜6人がオススメ。

そして、最後に、自分のこの評価は前のバージョンのイラスト(通称:ご近所戦争)で+1点追加されているものとしてご参考下さい。(つまり、システムのみでいえば評価6点)

やっぱり、おじいちゃんがショットガンもってたり、少女がマシンガンもってたり、おばあちゃんがロケットランチャーもってたりするインパクトのあるイラストが大好きだったので、今のイラストだと、普通な感じ(それを狙ってると思いますが)なので、昔のイラストのファンとしては6点。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 139興味あり
  • 688経験あり
  • 77お気に入り
  • 398持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力10
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルエスカレーション!
原題・英題表記Escalation!
参加人数2人~6人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿