マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
エスカレーション!
  • エスカレーション!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2007年~

エスカレーション!

メーカー・卸元:ニューゲームズオーダー

残り1点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
ボードゲームが止まらない!

 巨匠ライナー・クニツィアの作品野中でも、最もシンプルなゲームの1つです。とても手軽に楽しめて盛り上がる、でも時には考えさせる、そんなゲームです。

 全員6枚の数字カードを手札として持ちます。自分の番が来たらカードを1枚以上真ん中に出し、その値の合計を宣言します。この時、2枚以上出すときは、全て同じ数のカードでなければいけません。また、宣言する数は前の人より大きな値にしなければいけません。出し終わったら山札から手札を補充して、手持ちを6枚に戻します。

 前の人ろい大きな数を出せなかったら(あるいは出せるものの出さないことを選択したら)、そこまでに真ん中にたまったカードを引き取って、手元に積まなければいけません。この枚数=マイナス点です。できるだけカードを引き取らないようにしなければいけませんが、カードがイマイチな時に無理に頑張って、何周もしてから結局引き取ってしまうなら、少ない内に一度引き取って、手元の小さい数字を出す、というような選択も重要です。勝負するかどうかを決めるときには、他の人のカードの出し方や表情から、他の人の手持ちや心情を推理するのも大切です。数字を少しずつ上げれば小さい数を使えますが、一気にあげれば他の人があきらめて引き取るかもしれません。

 山札がなくなったらゲーム終了です。手もとに積んだカードが一番少ない人の勝ちです。引き運も小さくないゲームですが、スピーディな中に考えどころもあり、入門編としてお勧めです。より実力勝負をしたいときには、人数と同じラウンド数遊んで合計点を競うか、少人数で遊ぶのもよいでしょう。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 15件

レビュー
274名が参考
2年弱前

巨匠ライナー・クニツイァ作品。ゲームはとてもシンプル。一人6枚の手札があり、大富豪のように前の人が出した数よりも大きな数をだすこと。

ただし、幾つがルールがあります。まずカードの数は1~13までしかありません。特殊な1~7までに置き換えれるカードやパスできるカードもあります。各数の枚数はバラバラです。13は1枚しかありません。

勝利条件は、場に出されたカードを一番多くもっている人です。


カードの出し方がとてもユニークです。

例えば、1番目の人が3という数をだしたら、次の人は4以上しか出せません。

でも、その人は4は持っていませんが、2のカードを2枚もっています。

その時、2のカード2枚を出して『4』といって、場に出せます。

(必ず手札のカードは6枚にするので、2枚だしたら、その後2枚山札からひきます。)

ここがポイントで、同じ数のカードを持っている場合、合計数で出すことができます。


この駆け引きが面白く、ルールもシンプルなので

手軽に遊べてはまる人が続出するのだと思います♪


出すカードがない場合、場に出ているカードすべてを引き取って、横におきます。(そのカードを手札に加えることはできません)最後に、引き取った数のカードの合計数がマイナスポイントとなり勝負がきまります。

続きを見る
閉じる
仙人
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
230名が参考
約3年前

多作で有名なライナー・クニツィア作の手札コントロール系のお手軽カードゲーム。インストは簡単だしカードデザインも良いので、ゲーム初心者と遊ぶにちょいちょい使います。

基本的な場にある数字よりも大きな数字を出す。これだけ。場の数よりも大きな数を出せないと、場に出ているカードをペナルティとして受け取ります。

ただし、同じ数字のカードを複数出すことで大きな数字にすることが出来るので、もう自分に手番が回ってこないだろうと思って安心していると度々痛い目にあいます。

ただ、手札は6枚しかホールドできないので、あまり手札のコントロールができるわけでもなく、ペナルティのダメージコントロールしたとしても、ダメな時はとことんダメ。

運ゲー要素が高く、ゲーム経験者にはもの足りないと思いますが、ゲーム初心者にはルールも簡単ですし、非常に受けがいいゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
Masayuki Kunimitsu
Masayuki Kunimitsu
レビュー
224名が参考
3年以上前

7/10

一時期、昔さながらのウノや大富豪の如く、友人とやりまくったゲーム。

ルールはシンプルで、前の人よりでかい数字を出して、出せない(もしくは意図的にパス)場合は、今出されているカードを全て失点(1枚1失点)として、自分の手元に置き、失点が少ない人が勝ちのゲーム。

大富豪の特殊ルールなしで、出せなかったら失点バージョンといえば、わかりやすいが、特筆すべき点もいくつかある。

まず、このゲームではカードの数字はトランプと同じで1〜13まであるのだが、枚数配分が違う。

基本的には数字がでかくなるほど、枚数が少なくなっており、これは同じ数字を出すと足し算して、出すことができるため。例えば、7が2枚であれば、単体の13に14として出すことが可能。

そして、手札は6枚しかなく、出したら6枚になるように引く必要があるため、ただ適当に出していると作業ゲーに感じがちだが、2〜7は特に枚数が多く設定されているため、ここを考慮しながら、手札マネジメントをしていくと、強い数字をつくりやすいため、勝率があがっていく(もちろんそれなりに運も必要だが、確率の問題)。このゲームの評価が低い人はここらへんを考えていないで、ただ出しているだけだと思う。

また、2〜7のどれにでも変化するジョーカーもあるので、やはり2〜7をまとめるのは強く、山札がなくなって誰かの手札が0になった瞬間終了(そのとき手札があるプレイヤーは全て失点)なので、手札を同じ数字でまとめるのが基本戦略なのは間違いない。

一応最大攻撃力は7の6枚だしの42だが、基本的に19以上出せば、だいたいつぶれるので、もしあっても、終了間際をのぞけば、3−3で21ずつ出してもいい。あと、一気に出すと手札の総入れ替えもできるので、結果的にまた揃いやすくなるので、やっぱり数字をまとめるという意気込みがないとこのゲームには勝ちづらい。

あとは、凶悪なパスカード(数字そのままで無傷で隣の人に手番を回す)こともあるが、そこまでゲームバランスを崩壊させてないので、ドラマを生むカードの1つとなっている。

プレイ人数は2〜6人で何人で遊んでも面白さは安定していたが、回ってくる手番の数が変わるので、それなりに感じ方は異なる。個人的にはみんなでわいわいできる5〜6人がオススメ。

そして、最後に、自分のこの評価は前のバージョンのイラスト(通称:ご近所戦争)で+1点追加されているものとしてご参考下さい。(つまり、システムのみでいえば評価6点)

やっぱり、おじいちゃんがショットガンもってたり、少女がマシンガンもってたり、おばあちゃんがロケットランチャーもってたりするインパクトのあるイラストが大好きだったので、今のイラストだと、普通な感じ(それを狙ってると思いますが)なので、昔のイラストのファンとしては6点。

続きを見る
閉じる
白州
白州
レビュー
204名が参考
3年以上前

 2人でプレイした感想です。
 ライナー・クニツィアがデザインしたカードゲームで、1〜13までの数字カード各4枚と、自分の手番を飛ばすパスカードが2枚、1〜7までであれば好きな数字になるワイルドカードが2枚の計56枚でプレイします。
 各プレイヤーは、開始前にカードを6枚ずつ手札を渡され、残ったカードは山札とします。
 始めのプレイヤーは好きな数字を出して、次のプレイヤーは前のプレイヤーが出した数字を上回る数字を出さなくてはいけません。また、出す際の数字カードは、同じ数字なら複数枚出せます。
 上回る数字を出せば次のプレイヤーに手番が移りますが、出せなければ場に出ているカードを裏向きに引き取らなくてはいけません。なお、引き取った数字カードは、最後の点数計算の際にマイナス点となります。
 そして、誰かが裏向きにカードを引き取った後、次に備えて手札を6枚となるように補充します。
 これを山札が無くなるまで繰り返して、山札が無くなり、誰かの手札が無くなれば、その瞬間にゲームは終了です。
 そして、裏向きのカードがあれば、それがそのプレイヤーの失点となります。また、手札が残っている場合には、その枚数が失点に加わり、結果、失点が少ないプレイヤーの勝利となります。
 相手プレイヤーの手札を数多く吐き出させながら、一気にトドメを指すカードを出せるか勝負です。それを繰り返しできれば、勝利は目前ではありますが、なかなか上手くできないのがカードの引き運です。
 好機を見て、相手プレイヤーに多くのカードを取らせることができるのか、それともまだ攻勢をかけるには早いのか、そこら辺の判断にジレンマを感じさせる面白いゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
196名が参考
約3年前

簡単なゴーアウトゲームでボードゲーム初心者とプレイするには最適。 ライナー・クニツィア作品。


ルールは各自6枚手札をもって前の人より大きい数字を出す。(出したら出した枚数分、山札から手札に補充し、常に6枚の手札になるようにする)出せない、もしくは出したくない場合は場の札(1枚はマイナス1点、5枚ならマイナス5点)をとって手札にはいれないでまとめておく。 


同一カードであれば何枚でも一度に出せて数を足した数で出せるところがポイント。(5が3枚数なら15としてだせる)


山札がなくなり、誰かの手札がなくなったら瞬時に終了、その時の手札は1枚1点のマイナスとなり、今まで取ったカードと枚数を合算する。マイナス枚数=マイナス点としてスコアシートに記載する。


1ゲーム5分程度で終わってしまうので5ゲーム程度やって最終の合計得点で勝敗を決めるのがいい。

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
182名が参考
5年弱前

ライナー・クニツィア作の2~6人用カードゲームです。
カードの種類は1~13の数字が書かれたカード、1~7ならばどれでも好きな数字を選べるワイルドカード、自分の手番を飛ばせるパスカードがあり、各人6枚の手札を持ちスタートプレイヤーから順に前の人よりも大きい数字のカードを出していきます。
スートはありません。
前の人より大きい数字のカードを出せなくなった人が場に出ているカードを全部引き取り、それが失点となります。
ただし足して前の人より数字が大きくなるなら同じ数字のカードを何枚プレイしてもOKってところがこのゲームの肝かな?
小さい数字複数枚ならまだなんとか大丈夫だったりするけど、いきなり10を3枚とか出されるとかなりキツイです(笑)

また日本語版はカードのイラストがオリジナルから変更されボードゲームのコンポーネントが描かれおりゲーム概要も積みゲーをなくすというモノになっております。
なので失点=積みゲーということになります・・・

あとゲームとは関係ありませんが、カードやボックスアートに描かれているコンポーネントを見て、何のゲームのコンポーネントなのか?、というのを当てっこしたりできるのも意外と面白かったですよ(笑)

続きを見る
閉じる
大賢者
ちゃい
ちゃい
リプレイ
144名が参考
約3年前

(リプレイ)

5人で5回をプレイ。全員始めてだがルールも簡単で初心者でも馴染めるゲームだった。


結果は『ままちゃん』が最後の回で逆転勝ち。 途中まで『ゆぽんぷち』が独走していたが4ラウンドで大量のマイナス点をとってしまい失速。


2-7の数字を集めてまとめてだせるか? まだ出せるカードがあっても場札が少ない時にあえてカードをとるか?(この選択が一番難しい)。

Passカードも場札がすごく多くなってきたときに最後の手段で使うなどをからめていけば勝率が上がるような感じです。


今度は、上記戦略を取り入れてやってみよう!

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
143名が参考
約5年前

順番に前の人より大きい数の数字カードを出していき、出せなかった人がたまったカードを引き取る、シンプルなゲームです。
気楽なパーティーゲームかと思いきや、手札が悪い時にいかに大負けしないように(小さく負けて)弱い手札を消化して回すか、というハンドマネージメントのゲームです。
難しくはないんだけど、じわーっとゲームやってる感があるゲーム。派手ではないです。
複数ラウンドで合計点でやった方がいいですね。

続きを見る
閉じる
仙人
sokuri3510
sokuri3510
レビュー
124名が参考
12ヶ月前

どんどんカードの数値を積み上げていき、出せなくなったプレーヤーがカードを回収。最終的に多く回収したプレーヤーの負けとなります。

ルールは簡単。だけど、あえてカードを回収するなど戦略やカード運があるためドキドキの勝負となります。

値段もお手頃なので、オススメします!

続きを見る
閉じる
勇者
Miy
Miy
レビュー
121名が参考
2年弱前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
手札から前の人が出したカードの数字より大きくなるようにカードを出していく面白いカードゲームです。
ルールが非常に簡単なので、初心者の方に説明しやすいです。
テーマとは全く関係ないプレイ内容です(笑)。一気に大きな数字を出して回避、もしくは少ないうちに引き取っておくなど、ちょっとした駆け引きが楽しめます。
基本的にカードの引き運に大きく作用するので、ちょっとした息抜き程度に遊ぶといった活用がいいかもしれません・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
112名が参考
10ヶ月前

ライナークニツィア氏のお手軽カードゲーム”エスカレーション:ESCALATION!"。大富豪のルールに近くルール説明が容易なゲームです。日本語版は日本専用のイラストで様々なゲームのコマが描かれています。どれが何のゲームか分かると少しうれしくなります。全てわかると相当のゲーム通ではないでしょうか。


<ゲームの準備>

 ・全てのカードを良く混ぜて裏向きの山札を作ります。

 ・各プレイヤに6枚の手札を配ります。

 ・各自自分の手札を確認して適当な方法でスタートプレイヤを決めます。

 (複数回プレイする場合は全員がスタートプレイヤになる様に順番に交代します)


<勝利条件>

 引き取った失点カード枚数+手札の残り枚数が最も少ないプレイヤが勝者となります。


<終了条件>

 山札が無くなった後、誰かの手札が無くなった時点で終了。


<ゲームの流れ>

 スタートプレイヤから時計回りに以下の2行動を行います。

 ①手札をプレイ

 ②手札を補充


<①手札をプレイ>

 場に出されている数字よりも大きな数字を出さなければなりません。カードを出す時に自分が出す数字を宣言してください。場にカードが無い場合は好きな数字を出す事ができます。3つの特殊ルールを説明します。


①-1:複数枚の和

 同じ数字のカードは複数枚同時に出して数字を合計する事ができます。(例:6の数字カード3枚を18として出す事ができます)


①-2:ワイルドカード

 1-7と書かれたワイルドカードが3枚あります。これは1~7のどの数字としても扱えるカードです。ワイルドカードを含んで複数枚の和を作っても良いです。


①-3:PASSパスカード

 自分の手札をプレイをパスできます。(失点を防ぐカードです。②手札を補充は行います)


もし場に出されている数字よりも大きな数字が出せない(出したくない)場合は、場のカード全てを失点カードとして引き取り自分の前に表向けて置きます。そして、好きな数字を出す事ができます。(失点カードはカードの数字にかかわらず1枚1失点となります)


<②手札を補充>

 手札が6枚になるように山札から補充します。もし山札が無くなった場合はそれ以上手札を補充しません。だれかの手札が無くなるまでプレイを続けてゲーム終了となります。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備から遊び方を説明しています。実際の1プレイを写真で説明します。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/30181659/

続きを見る
閉じる
仙人
PET
PET
レビュー
103名が参考
約1年前

累計失点で競うルールで戦略的に!?クニツィアの数比べゲーム


【ざっくり解説】

 クニツィアの数比べゲームで、1~13のカードを使って数比べしていきます。同じ数字のカードはまとめて出すことができるので6を4枚で24とかにすればかなり強くなります。1~7で使えるワイルドカードもあるので、低い数字と高い数字は枚数が少なく揃えにくくにそれぞれ価値があります(1だけはどうしようもないですが(笑))

 手札管理と失点をどの程度許容するのかでプレイが変わるリスク管理の要素のあるゲームです。1プレイは非常に短いので運要素は強いのですが、気軽に楽しめます。


【長所】

 とにかく手軽!数比べのゲームでルールも少なく、非ゲーマーともすぐに遊べます。ゲーマー向けではないものの、付録としてつける僕考案のルールで遊べば、スキルも出る戦略的ゲームとして楽しめるようになります。

 累計失点を競うゲーム性で遊べば、どの程度のリスクを取るのか、あえて引き取って失点を小さくしておくという挙動も大事になるので、一気に戦略的になること間違いなしです。


【短所】

 運ゲー・噛み合いゲーを地でいくゲーム性。とくにトータルスコアを競わずに、1ゲームだけの失点で勝負を決めるとどうしようもないぐらい運ゲーになります。同じ数字を5枚出せたりすると、その人は手札管理がだいぶ有利になりやすいです。1ゲーム単位でみれば流れや運の影響を強く受けるゲームです。


【ハーツ式100点失点ルール】

 僕個人が考案したルールです。トリックテイキングゲームのハーツのように、失点を累積させていき100点になるプレイヤーが出るまでラウンドを続けるルールです。特に3人だと丁度良い時間に終わります。推奨は4人までで5人以上はこのルールを推奨しません。5人以上だと人数分のゲーム数を遊ぶのが適当かと思います。

 累積得点で競うようになるとゲーム性が大きく変わります。いかに失点を小さくするかに意識を向ければ、なかなか戦略的なゲームとして遊べるのでお勧めです。


【個人的な評価】

 プレイ回数は10回ぐらいですね。案外まだ再所有して間がないので、伸びていません。3~4人で累計失点を競う形で遊ぶならなかなかの良作だと思います。

 1ゲーム単位で終わると正直、少し戦略的な『ウノ』ぐらいの印象で終わってしまうことも多々あります。新版になってスコアシートが付属するようになり、より累計失点で競うよう意識が向けられていると思います。


 旧版で1ゲームだけで勝ち負けを決めてつまらないと思った人は、是非100点までルールか人数分のゲーム数の累計スコアで勝敗を競うゲーム性で遊んでみてほしいです。

続きを見る
閉じる
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
戦略やコツ
102名が参考
約3年前

(戦略)

2-7の数字をいかに複数集めて、一度にだすようにする。


Pass カードは最強なんで場札が10以上になったときにつかう。


19,20ぐらい出せばほとんどの次の人はだせないので、ここら辺の数字まで同一カードを集めれば最強。

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
91名が参考
7ヶ月前

play:gameのレビュー記事 2010.07.03

https://www.gamers-jp.com/playgame/archives/000936.html#escalation

(記事より抜粋)理論上の数値合計は42が最高値、そして36、35、32、30、28、26・・・という順番ですが、現実的には20以上だと大体誰かがパスをします。誰か一人でもパスをすれば良いのでそれほど高い数値合計を狙う必要はありません。3人だとその辺りの読みが大切で、なかなか緊張したゲームとなります。
(筆者追記:3人が一番おすすめです)

続きを見る
閉じる
勇者
けがわ
けがわ
戦略やコツ
41名が参考
2年弱前

同じ数字のカードであれば、一度に複数枚を場に出せるので、うまくカードを貯めて活用するといいかもしれません!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 1,870(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 157興味あり
  • 790経験あり
  • 89お気に入り
  • 455持ってる

チェックした商品