マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分~60分
  • 10歳~
  • 1992年~

ドラゴンクエスト:スライムレースフクハナさんのレビュー

290
名に参考にされています
2018年04月21日 22時41分

ボードがなかなかデカい。概要は競馬のよーにどのスライムがレースに勝つ(1位・2位)か予想して賭ける。

どのスライムをどれくらい進めるかはプレイヤーが使うカード次第なのである程度は順位をコントロールできる。


レース前に全プレイヤーが賭け、それはオープン情報。

自分が賭けたところには勝ってほしいので疑似的な協力プレイにもなってくる。ボード・カード・コマ等のコンポーネント全体はしっかりしたつくりで良質。

使用するカードはほとんどが「〇色のスライムが〇マス進む」「〇位のスライムが〇マス進む」というもの。カード内容は説明書に記載されているのでカード引き運もあるけど戦略的に遊べる。ワイワイできて楽しいし、ただのキャラクターもののすごろくってことでもなくオリジナリティもあるのでちゃんと遊べる。

ただ、大逆転は難しいか。レース終盤はどのスライムが勝つかだいたい分かってくる。細かな順位変更はあっても、ビリのやつが一気に1位になるのは難しい。そういうカードもあるけど、やや歩数が足りない。


スライムによってオッズが違うので、弱いスライムが勝つと勝利点もたくさんもらえるけど、配当時は基本あんまり盛り上がらずに淡々としてるかな。つまり、ゲームの勝敗自体ではドキドキすることはないけど、レースでカードをプレイしているときはワーワーやってるような感じ。ちょっと不思議か。


また、先述したとおりカードは「進む」系しかなく、バリエーションも貧弱なのでちょっと単調。たぶん、対象年齢を低くできるようにあえてそうしてるんだろーけど、「他人の手札を奪う」とか、「無効化する」とかいうのは一切ない。余計な部分を省いてシンプルしているというなら、それは良い点と言えるのかもしれないけど。

複雑なボードゲームばっかりやってると、この辺は物足りなさを感じるが、逆にあれこれ考えずにカードを出せばいいのだし、決して悪くないゲームと思う。おかげで子供でも家族でもとっつきやすくなってるし。

ゲームの収束性は微妙。1レースは長くないが、どこまでやるのかは最初に決めておいたほうがいい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
フクハナさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 194経験あり
  • 33お気に入り
  • 181持ってる
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力7
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見6
作品データ
タイトルドラゴンクエスト:スライムレース
原題・英題表記Dragon Quest: Slime Race
参加人数3人~5人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期1992年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークユング アレキサンダー
関連企業/団体エニックス(ENIX)
拡張/関連元ドラゴンクエスト・ダンジョン(Dragon Quest Dungeon)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

フクハナさんの投稿

会員の新しい投稿