マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分前後
  • 5歳~
  • 2006年~

ドラゴンレースレモネードさんのレビュー

102
名に参考にされています
2018年11月12日 21時11分

ドラゴンのレースをテーマにした記憶系ゲーム。

5歳からですが、うちでは息子が4歳の時に家族でプレイしました。


自分の番に、真ん中にある伏せたタイルから1枚めくり、自分のコマのマスと同じ絵柄なら

その絵柄の数だけ進めるってゆうルールです。

絵柄が当たっていたら、外れるまで、自分の番を続ける事ができます。

円形のコースを1周し、一番早く元に戻ってきた人が優勝。


ルール的には「にわとりのしっぽ」とゆう有名なゲームに非常に似ています。

ただし、「にわとりのしっぽ」では相手を追い越すのが目的でしたが、

こちはらスタート地点に戻ってくるのが目的。

しかもピッタリで戻らなければならないのです。

だからタイルの中に骨とゆう後退タイルが存在します。

この骨タイルをうまく利用すれば、ゴールを通り過ぎてもバックで戻ってくることができます。


明確なゴールがあるので、にわとりのしっぽよりはゲームの収束性が高く、ダラダラ続きません。

さらに相手のマスには止まれない、正解が出てもやめ時を自分で選べる、後退タイルの存在により、

記憶以外の戦略性も若干あります。


ただし、「にわとりのしっぽ」の、しっぽを取られるとゆうハラハラ感の要素はないので、

「にわとりのしっぽ」よりはソロ感が高いです。

(ソロ感と言っても、あくまで、にわとりのしっぽと比べてです)


より戦いチックでハチャメチャ性があるのが「にわとりのしっぽ」なら、

こちらは相手に奪われる屈辱がないぶん平和的で

より頭を使うパズルチックゲームって感じでした。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 15経験あり
  • 0お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドラゴンレース
原題・英題表記Fiery Dragons / Drachenstark
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢5歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿