マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2012年~

ディヴィナーレ 倫敦の霊媒師flat/京山和将@昼夢堂さんのレビュー

133
名に参考にされています
2019年04月15日 13時36分

プレイヤーは20世紀初頭の占い師となって予言をします。予言が的中すれば点を得て、大きく外れれば失います。
このゲーム中ではそれを、「4種の占いカードがそれぞれ何枚あるか」として宣言します。

箱の中には4種の占いで合計36枚のカードがありますが、各ラウンドではそのうちランダムに選んだ24枚しか使いません(残りの12枚は一旦しまっておきます)。ゲーム中で予想するのは、その24枚の内訳です。

持っている手札を使うことで、その種類について予想を宣言できます。このときに、他人と同じ予想は宣言できません。
手札を使うことは情報を公開することでもあるため、他人にヒントを与えることになります。しかし使わないと手番が進まず、予想もできません。

その逆に、手札を使ってしまうと必ずその種類の予想を変えないといけません(取り下げ含む)。今の予想が当たっていて、それを変えたくないとしてもです。

では引いたカードを使う順番を計画して…と思っても、このゲームには手札交換があります。人数ごとにタイミングや枚数が違いますが、手札の一部を左隣に渡します。もちろん、減った分は右側から渡されます。この交換で予想外のカードが来ると悲鳴を上げることになりかねません。

誰がどんな情報を知っていて、その結果どういう方向に行動が誘導されるかがこのゲームの魅力であり、逆にきつい点だと思います。そしてそういった要素を丸ごと吹き飛ばして直感で当てる人がいることもまた。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
flat/京山和将@昼夢堂さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 39興味あり
  • 292経験あり
  • 66お気に入り
  • 159持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力8
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルディヴィナーレ 倫敦の霊媒師
原題・英題表記Divinare
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク