マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 40分~60分
  • 10歳~
  • 1995年~

カタンmalts_yさんの戦略やコツ

137
名に参考にされています
2018年10月19日 22時45分

カタンの開拓者・インスト(上から読むだけでインストになります)

■1 準備
 1.六角形(ヘックスと言います)の地形タイル19枚を裏返して混ぜ,テーブルの中央にまず縦に5枚並べます。ヘックスの辺が接するように。次にその左右に縦に4枚ずつ並べます。さらにその左右に3枚ずつ並べます。これで1辺が3枚の大きな六角形ができます。19枚を表に返します。
 2.海タイルのうち港付き(頂点に半円がある)を地形タイルのまわりに1枚飛ばしで9枚置きます。港の種類が偏っても気にしません。
 3.さっき飛ばしたところに海タイルの港なし9枚を置きます。
 4.数字チップのアルファベットの面を表にして,いちばん外側の地形からアルファベット順に反時計回りに置いていきます。外側が埋まったら内側に入って続けます。砂漠には置きません。そしてひっくり返して数字の面にします。
 5.砂漠に盗賊駒を置きます。
 6.自分の色を1色選び,その色の開拓地5,都市4,街道15を持ちます。建設コストカードを持ちます。
 7.資源カードは,レンガ・羊・小麦・鉱石・木に分類して表向きに置きます(在庫の山と言います)。
 8.発展カードはよく切って裏返して置きます。

■2 ゲームの目的と勝利条件
 これはカタン島という島です。この島を開拓して,最初に10ポイントを獲得したプレイヤーの勝ちです。

■3 街道のルール(1)
 ・ 細長いコマが街道です。街道はヘックスの辺に置きます。既に街道がある辺には置けません。
 ・ 海岸沿いには置けます。海の中には置けない。
 ・ 自分の街道どうしはつながっていないといけません。

■4 開拓地のルール
 ・ 家の形のコマが開拓地です。開拓地はヘックスの頂点に置きます。
 ・ 必ず自分の街道に隣接している必要があります。
 ・ 1つの頂点に既に(自分のでも他人のでも)開拓地や都市(あとで説明します)があるとき,その頂点とすぐ隣の頂点には置けません。

 では,開拓地2つと街道3本を敷いてみてください。(ルールどおりか確認する。隣の頂点に置いてしまう人が多い)

■5 地形とそこから産出する資源
 ・自分の手番になったらサイコロを2個振ります。その目の合計と同じ数字の土地(ヘックス)から資源が出ます。
  森林からは → 木
  丘陵からは → レンガ
  牧草地からは → 羊
  耕作地からは → 小麦
  山脈からは → 鉱石
  砂漠からは → 何も出ません

 ・資源が出た土地に隣接する開拓地を持っているプレイヤーは開拓地1つにつき資源カードを1枚在庫の山から受け取ります。自分の手番でないときにも資源が来ます。受け取った資源カードは隠して持ちます。在庫が足りない場合は誰も資源を受け取れません。
 ・数字チップを見てください。サイコロで出る確率が高い6と8は大きい数字で書いてあります。確率の低い2と12は小さい数字です。
 ・7の数字チップはありません。7が出たら特別なことが起きます。

■6 交易
 資源がたまってきたらさらに街道を敷いたり,開拓地を建てたりできます(すぐあとで説明します)。でも自分が持っている資源には偏りがあります。そこで,他のプレイヤーと交易を行うことができます。交渉して資源を交換します。資源がある限り何度行ってもよいです。

(a)  内地交易
 手番のプレイヤーは他のプレイヤーと資源カードを交換できます。誰か木をあげるから小麦をちょうだい,のように持ちかけます。交換比率も自由です。1枚あげて2枚もらうとか。相手は拒否することもできます。手番以外のプレイヤーどうしの交易はできません。
(b)  海外交易
 ・プレイヤーは同じ資源カード4枚を在庫の山に戻して,好きな資源カードを1枚受け取れます。
 ・一般港(3:1)に開拓地(や都市)を持っているプレイヤーは,同じ資源カード3枚を在庫の山に戻して,好きな資源カードを1枚受け取れます。
 ・専門港(2:1)に開拓地(や都市)を持っているプレイヤーは,港に描かれた資源カード2枚を在庫の山に戻して,好きな資源カードを1枚受け取れます。専門港は一般港の機能は持っていませんので,3:1交換はできません。

■7 建設
 サイコロ,交易のあと,建設ができます。資源カードを在庫の山に戻し,開拓地などを建てます。開拓地のルール・街道のルールに注意してください。

■8 建設に必要な資源
 建設コストカードを見てください。
 ・ 木1+レンガ1を在庫の山に戻して →  街道を1本敷きます
 ・ 木1+レンガ1+小麦1+羊1 で →  開拓地を建てます。このゲームは10ポイント取ると勝ちなのですが,開拓地は1つ1ポイントです。
 ・ 小麦2+鉱石3 で → 開拓地を取り除いてその場所に都市を置きます。都市は2ポイントになります。サイコロを振ったとき,都市には1つの土地から2枚資源が出ます。
 ・ 小麦1+羊1+鉱石1 で→ 発展カードを購入します。発展カードの山のいちばん上から1枚引きます。

■9 手番にすることの順番
 サイコロ,交易,建設の順番を守ってください。港を建設した手番でその港を使って海外交易はできません。

■10 7が出たとき特別なことが起こります
 ・ 誰も資源を受け取れません。
 ・ 全員自分の資源カードを数え(発展カードではありません),8枚以上持っている場合は半分を選んで在庫の山に戻します。端数は切り捨てですから9枚持っていたら4枚戻します。
 ・ 手番のプレイヤーは盗賊駒を別の地形タイルに移動させます。そのタイルに接する開拓地や都市を持っているプレイヤーのうち1人を指名します。指名されたプレイヤーは資源カード(発展カードではありません)を裏向きにして並べ,手番のプレイヤーがそこから1枚引いて自分のものにします。つまり泥棒します。
 ・ 盗賊駒を置かれた土地からは資源が出ません。
 ・ 続けて手番のプレイヤーは交易や建設を行うことができます。

■11 発展カード
 ・ 発展カードは一度に何枚でも購入できます。
 ・ 購入した発展カードは隠して持ちます。
 ・ 使うのは購入した次の自分の手番からで,手番中いつでもよく(サイコロを振る前でも),1回の手番に1枚だけ使うことができます。

発展カードの中身は・・・
 (a) 騎士カード
  盗賊駒を別の地形タイルに移動します。移動先の地形タイルに接する開拓地や都市を持っているプレイヤーのうち1人から資源カードを1枚盗みます。サイコロで7が出たときと同じですが8枚以上持っていると半分にというのがありません。出した騎士カードは表向きに自分の前に置いておきます。
 (b) 進歩カード
  使ったカードは箱に戻します。
  ・街道建設
    街道を2本建設できます。
  ・発見
    在庫の山から資源カードを2枚受け取れます。別々の資源でもよいです。
  ・独占
    1つの資源を指定します。たとえば鉱石とか。すると他のプレイヤーは持っている鉱石をすべて手番のプレイヤーにあげます。
 (c) 勝利ポイントカード(議事堂・市場・大聖堂・大学・図書館 各1)
  ・隠して持ちます。
  ・持っているだけで(使わなくても)勝利ポイント1になります。
  ・これを含めて10ポイントになるなら,入手した手番ですぐ勝利宣言できます。

■12 特別カード
 (a) 最大騎士力(勝利ポイント2)
  出した騎士カードが3枚になった最初のプレイヤーは,最大騎士力カードを受け取ります。他のプレイヤーがそれを上回る枚数の騎士カードを出したら,最大騎士力カードはそのプレイヤーに渡します。
 (b) 最長交易路(勝利ポイント2)
  ・自分の街道を,連続して(枝分かれは数えないで)5本建設した最初のプレイヤーは最長交易路カードを受け取ります。より長い交易路を建設したプレイヤーが現れたら,最長交易路カードをそのプレイヤーに渡します。
  ・自分の交易路の途中に,他のプレイヤーの開拓地を建設されたら,その交易路は分断されます。その結果連続5本未満になったら最長交易路は戻します。2人のプレイヤーの交易路の長さが同じになった場合も戻します。 

■13 街道のルール追加
 ・ 自分の街道の末端に他人の開拓地がある場合,その先には自分の街道を作れません。
 ・ 街道を作ったあとで他人の開拓地によって分断されたとき,他人の開拓地のない方の末端から街道を伸ばしたり開拓地を作ってもよいです。

■14 勝利ポイントのまとめ
 ・開拓地 1ポイント
 ・都市  2ポイント
 ・最大騎士力 2ポイント
 ・最長交易路 2ポイント
 ・勝利ポイントカード(議事堂・市場・大聖堂・大学・図書館) 1ポイント

■15 勝利宣言
 自分の手番になったとき10ポイントに達しているか,手番内に10ポイントに達すればゲームを終了させることができ,そのプレイヤーが勝利します。

■16 入植フェイズ(1)
 では,さっき練習で置いた街道と開拓地を引き上げてください。ゲームを始めていきます。
 スタート・プレイヤー(最年長者)からスタートします。好きなところに街道を1つ置き,それに隣接して開拓地を1つ置いてください。時計回りに全員が1回ずつ同じことをします。開拓地のルール・街道のルールに注意して。

■17 入植フェイズ(2)
 最後のプレイヤーは同じことをもう1度行います。この2回目の手番の街道に限り,1回目の街道と接続していなくてもよいです。
 2回目に建てた開拓地に隣接する3つの(2つの場合もあります)土地から1枚ずつ資源が出ます。最後のプレイヤーは2回続けて開拓地を建てましたからどちらを2回目にするか選んでもよいです。
 反時計回りに全員が同じことを行います(注1)。これで準備終わり。

■18 入植フェイズ(3)
 スタート・プレイヤーがサイコロを振ってゲームを始め,時計回りに手番が進行します。

---

(注1)インスト者から初期開拓地についてアドバイス

 初心者で最初の2つの開拓地(のうちの1つ)を港のところに建てようとする人がいたら,最初から港に建てるのはやめた方がよいとアドバイスします。勝てないというよりは,交渉に参加できなくて楽しくないからです。あとで港を建てに行けばよいです。港に建てる人がいなければ何も言いません。

---
(編集履歴)

  2017/4/5 忘れがちなルールをルール/インストに投稿
  2018/10/19 カタンの開拓者のインストを戦略やコツに投稿(この記事)。用語はトライソフト版に準拠。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
malts_yさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 248興味あり
  • 2286経験あり
  • 911お気に入り
  • 1963持ってる
プレイ感の評価
運・確率77
戦略・判断力71
交渉・立ち回り92
心理戦・ブラフ10
攻防・戦闘8
アート・外見7
作品データ
タイトルカタン
原題・英題表記Die Siedler von Catan
参加人数2人~4人(40分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期1995年~
参考価格3,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

malts_yさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク