マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分前後
  • 10歳~
  • 2008年~

ダイヤモンドクラブ荏原町将棋センターさんのレビュー

126名 が参考
1名 がナイス
11日前

高級会員制倶楽部「ダイヤモンドクラブ」にようこそ!

「宝石の煌き」が好きな方へオススメのゲームです。大量のダイヤモンドがこのゲームの資源です。

このダイヤモンドを入手する方法が、「ワーカーの色が無いワーカープレイス」と言われるコインプレイスメントシステム。誰が置いたか分からなくなっても大丈夫です笑

各自持っているコイン(10金)を順番に置いていくわけですが、上下左右にすでにコインが置かれていると、その数分追加となります。

↑ 例えば中央付近にある輸送(シップ)5のタイルが欲しいなら、1金置くことはできず、右のマスにある1金と下にある2金を加えた4金を置かねばならない。手持ちに3金しかないので諦め、ここは、一番左の列にある注文4タイルなら、ちょうど3金で買える。


買ったタイル達は、輸送タイルと注文タイルとダイヤモンド色タイルを3枚一組にして、次のフェイズでダイヤモンドに変換します。例えば、シップ3注文5赤ダイヤであれば、赤ダイヤモンド3個になります。

第三フェイズでは、今度はダイヤモンド達を庭園のアイテムに変換していきます。

↑ アイテムは5種類。噴水、温室、東屋、バラ園、それと植栽。先に変換したプレイヤーがいるアイテムを買おうとすると、ダイヤモンドを1つ余分に払わなければならないので、実質早取り。この変換したアイテムタイルを庭に配置し、簡単な条件(噴水3つとか4種類のセット1組とか)を達成すれば、晴れてVPを貰える。


コインの置き方(第一フェイズ)

この写真のようなラウンド面なら、まず置きたいのが右上付近に固まっている能力値上昇。特にアスタリスクマークは、第二フェイズでダイヤモンドに変換する際、追加で(セット1組につき)ダイヤ1〜2個貰える大きな効果なので早めに上げたいです。

次に考えたいのが、輸送4〜5や注文4〜5の大きな数。

さらに次に狙うのは、色ダイヤタイルや動物タイルとなるでしょう。

オーソドックスに行けば、こういう狙い目を全プレイヤー持つと思いますが、ここは戦略の分かれ目です。

第一フェイズで、このゲームを絶妙にしているジレンマがあります。一つは、一番お金を残したプレイヤーにクリアダイヤモンド(色オールマイティ)を1つプレゼントというもの。じゃあ毎ラウンドお金を残せばいいじゃないかと思いますが、ラウンド終了時には、またちょうど10金に戻るのです!つまり、次ラウンドに残金が繰り越されるわけではなく、タイルを買い損ねることになります。

もう一つは、スタピーを取った人にクリアダイヤモンド一つプレゼントというもの。スタピーの取り方は、シルクハットの数を集めることです。


ダイヤモンドへの変換の仕方(第二フェイズ)

このゲームの小さな目標としては、とにかくダイヤモンドを大量に集めることです。3枚一組なのでシップ、注文、色を平均的に取っていくのですが、必ずしもそれを徹底することはありません。使わなかったタイルは繰り越して次ラウンド使えばいいのです。タイルをたくさん買っておき、次ラウンド以降セットを作れば無駄にはなりません。


庭園アイテムの買い方(第三フェイズ)

ダイヤモンドが大量に集まらない序中盤は、ダイヤモンド1個も損はできないので、他プレイヤーと被って二番手となったアイテムは、次ラウンド買うのがオススメです。あるいは、第一フェイズでスタピーを取っておけば、この第三フェイズでもスタピーとなれます。

また、植栽というアイテムは特殊で、他の4種類とは違い、色指定がなく買いやすく、VPの貰い方も、植栽タイル一枚の単価を自分で上げていくというもの。第一フェイズで植栽の能力値を買って最大単価6VPにし、10枚庭に配置すれば60VPになります。

オーソドックスな庭園アイテム戦略と、植栽戦略の他に、第三の戦略として、動物戦略があります。

これは、ダイヤモンドを介さないでVPを稼ぐ戦略で、第一フェイズで動物マークにお金を置き、その場ですぐに動物タイルを庭園に配置します。

↑ 個人ボード下部のように魚、鹿、鳥を3枚一組で配置するたびに10VP。この戦略の恐ろしいところは、急戦になるということ。つまり、全14枚の庭園タイルを誰かが配置し終わったときゲーム終了となるので、終盤大量得点を狙おうとしていたプレイヤーへの脅威となる。右上は、能力値トラック。左から植栽トラック、ダイヤモンドトラック、お金トラック。お金トラックは、このように自分だけ12金にすると買い物に余裕ができ、お金残しのクリアダイヤモンドも貰いやすい。


私はオーソドックス戦略しかやったことがありません。植栽戦略と動物戦略は、プレイ人数にもよりますが、怖くてできません💦

ラウンド面をランダムに変える嵌め込み式縦型ストライプ、レイヤー構造、プラスチック製のコインは、ラベンズバーガーの輸入版では珍しく、よく頑張った作りです。というわけで…

高級会員制倶楽部「ダイヤモンドクラブ」に御来店いただき、ありがとうございました!

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
つっちー
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 78経験あり
  • 14お気に入り
  • 39持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルダイヤモンドクラブ
原題・英題表記Diamonds Club
参加人数2人~4人(75分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿