マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2000年~

バトルラインモノアシさんのレビュー

166名
1名
1年以上前
0

クニツィアジレンマが堪能できるタイマン古代戦!

【テーマ性・ストーリー】
カードを使った陣取りで質素なのは確か。だが絵柄、ルールで古代戦のフレーバーをうまく乗せている。5つの戦場をとるか、3つの連続する戦場をとるかが勝利条件になるというのも、実際の古代戦を想起させる。

【アートワーク・コンポーネント】
フラッグミープルとカードだけのシンプルなコンポーネント。カードの絵柄は平面的だが精細に書き込まれていて、象や馬で戦闘する古代戦らしい雰囲気もよい。全体的には渋めなので、大人がしっぽりプレイする雰囲気で子供受けはいまいちかな。

【2人プレイの感想】
ルールはシンプル、だが悩ましさ満点。ライナークニツィアらしいジレンマが苦しく、楽しい。できれば強い役になる可能性をギリギリまで残しておきたいのだが、後半になるにつれどこかの戦場をあきらめて崩さなきゃいけなくなる。崩した途端に欲しかったカードを引くのもよくある展開。
様々な特殊能力を持つ「戦術カード」を使うタイミングも駆け引きのひとつ。ただ効果が強すぎるカードもあるので、「戦術カード」を使わないルールでも楽しめる。そうすると少し運要素が削がれよりガチな戦いになるが、「戦術カード」入りの揺らぎのある展開も痺れる。
さらにこのゲームのキモとなっているのが「証明」の存在。カードをプレイすることによって、ほかの戦場でこれ以上強い役を作れないことを証明して、その戦場においてカードを出し切る前に勝敗を決定するというもの。この「証明」が戦術上でのさらなる厚みを持たせていて熱い!「証明」するタイミングをあえて遅らせることで相手に期待を持たせながら、自分は手を進めるといった高度な戦略のぶつかり合いも楽しめる。
配られるカードによってそのたび違う戦略が要求されるので、リプレイ性は高い。そんなに時間もかからないで終わるの「もう一回!」とついつい言いたくなる。

【主観評価】
9/10
二人用としてはシンプルながら濃密な戦略のぶつかり合いが堪能できる。奥さんもお気に入りなので、我が家の卓に上る機会も多いです。
同作者の「ロストシティ」もジレンマが楽しめる2人用の名作だが、それよりはこちらのほうが運要素が少なく、ガチ戦略戦が楽しめる印象。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
18toya
バトルライン
バトルラインの通販
ポーカー×陣取りゲーム!?戦略が試される2人用カードゲーム
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,750(税込)
大賢者
モノアシ
モノアシ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1148興味あり
  • 4394経験あり
  • 1698お気に入り
  • 3542持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

モノアシさんの投稿

会員の新しい投稿