マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ローゼンケーニッヒ / ローズキングモノアシさんのレビュー

265名
5名
1年以上前
0

上質な雰囲気が味わえる領土拡大戦争


2021年に発売された新版のレビューです。

【ストーリー・テーマ性】
イングランドで15世紀に起きた内乱「薔薇戦争」をモチーフにしたストーリー性たっぷりな陣取り。イングランドの地図が描かれた盤面でゲームが行われるので、まさに自軍の土地が広がっていくさまが陣取り戦争そのもの。相手の土地を奪うには騎士カードを使うというのも戦争らしくてよい。

【アートワーク・コンポーネント】
先にも述べたがイングランドの地図が描かれた盤面から雰囲気満点。それに加えて薔薇の紋章が彫られた木駒の美しさ、手触りの良さは特筆もの。また騎士カード、進軍カードも美しいイラストで描かれており、統一された手抜きのない世界観はプレイしていて没入感に大きく寄与している。

【2人プレイの感想】
ルールはシンプル、非常に軽いプレイ感、それでいて木駒を触り激しい陣取りを繰り広げる、ボードゲームをやった感が手軽に味わえる。駒を使った陣取りといえばオセロを思い出させるが、統一された世界観で無機質さをなくし、進軍カードの引きでうまく運要素を取り入れている。4枚の騎士カードの使いどころ、またお互いの手札が公開のため今後の狙いの読みあいなどシビアな駆け引きも楽しめる。戦場が端に偏ってくるとあっという間に手詰まりになって即終了となったり、点数計算が二乗計算のため思いもよらない大差がついたりと、大味な部分もあるにはあるがそれに有り余るクラシックとなりうる駆け引きを味わえる。なお新版ではカード枚数が多くなっており、4人プレイにも対応しているがこちらは未プレイ。

【主観評価】
9/10
長らく並行輸入品のみが流通していたが、発売元の熱い情熱でリリースされたクラシックな名作。現在は入手しやすくなっているのはとてもうれしいところ。価格の割にコンポーネントがしっかりしていて所有欲も満たされる。我が家での夫婦対戦でも適度な運要素によりガチガチになりすぎず、そのたびに一喜一憂が味わえることで卓に上ることも多い。
余談ですが「ローズキング」と言うより「ローゼンケーニッヒ」と呼ぶのが何か心地よい。

この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
山彦
あき
18toya
クマさん
藤森 あつし
国王
モノアシ
モノアシ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 415興味あり
  • 1368経験あり
  • 405お気に入り
  • 974持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

モノアシさんの投稿

会員の新しい投稿