マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 180分前後
  • 12歳~
  • 1975年~

ベルリン陥落境界線さんのレビュー

30
名に参考にされています
2020年06月27日 00時13分

「ベルリン陥落」は原題では「ドイツ国内の戦い」と訳せば良いでしょうか、

マップはこのクラスの戦場をカバーしている割にはコンパクトで

ユニットの規模は大きめです。

このゲームは基本的に2人用ですが4人までが適しています。

基本の2人ゲームの場合西側連合軍担当者がドイツ軍東部戦線の指揮を執り

ソビエト軍担当プレイヤーがドイツ軍西部戦線を指揮を執り、

お互いがドイツ軍で相手を妨害し、ベルリンの占拠を目指します。

各プレイヤーが連合軍で攻撃、ドイツ軍で防御するわけです。

ゲーム自体は1944年12月から始まりますが、ヨーロッパ終戦まで一年ありません。

スタート時はドイツ軍のアルデンヌ攻勢の時期ですが、

ドイツ西部戦線担当プレイヤーはこれを温存、防御に回す事も可能です。

こうなると、西側連合軍担当プレイヤーは難しいゲームになります。

地形は複雑で、立ち憚るドイツ軍は比較的強力です。

なので西側に比べて東側で獲得できる勝利ポイントは低い目に設定されています。

ドイツ全体のマップでユニットはドイツと西側連合軍は軍団単位、

ソビエトは軍団、軍、単位です。

主要都市占領は1か2勝利ポイントが付き、ベルリンは10ポイントです。

マップの中央のラインはドイツ軍の境界線で、基本の2プレイヤーゲームでは

境界越えのドイツ軍部隊の移動不可能です。

なんだか、このタイプのウォーゲームには珍しい、

ミル・ボルヌを髣髴とさせるシステムです。

何回かプレーしましたが、案外バランスが良くて、アルデンヌ攻勢があった場合、

西側/東部戦線プレイヤーが少し有利になる感じです。

単純な除去/後退のみの戦闘システムなので積極的な行動の方が有利かなと言う感じです。

連合軍・ドイツ軍両方を担当する事で、負けっぱなしは無くなるので、

心理的にも良いですね。まあ、ドイツ軍自体は負けっぱなしなんですがねえ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
境界線さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 4経験あり
  • 2お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルベルリン陥落
原題・英題表記Battle for Germany
参加人数2人~4人(180分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1975年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

境界線さんの投稿

会員の新しい投稿