マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 2020年~

アノ1800異人館さんのレビュー

337名 が参考
1名 がナイス
5ヶ月前

ゲームのテーマとプレイングのマッチングが見事なゲームです。

19世紀の西洋諸国による産業革命と植民地拡大がゲームのテーマ。

ゲームのプレイはこの産業革命と植民地獲得を順次行っていくのです。


ゲーム序盤は一次産業従事者(農民など)が資源を産出し

生産設備を自国に建築していきます。

そうしていくとそれで得た資源でより近代化した設備が作れます。

そのうち設備を作る土地がなくなってきますし、

新しい設備には海外の新たな資源が必要なので、

植民地を獲得し新たな土地、資源を得ます。

また自国になく他国にある資源は他プレイヤーと交易します。

植民地獲得、交易には船が必要となるので、

資源を使い造船所を建設し、船を建造します。

ゲーム中盤になると一次産業が減り二次産業がえてきますので、

農民は要らなくなり労働者のコマに置き変えなくてはならなくなり、

労働者コマはさらに技術者コマに置き変えられていきます。

コマは最終的には投資家のコマになり、

高度な設備を作るには投資家のコマがないと作れません。


新たな土地、資源を得るために植民地が増えていく、

農地が減って工場が増え、農民が減って労働者が増えていく、

植民地拡大と産業革命による国家の近代化、

これがプレイになっているのです。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
絆@ボドゲ買いすぎ
仙人
異人館
異人館
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 62興味あり
  • 60経験あり
  • 22お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルアノ1800
原題・英題表記Anno 1800
参加人数2人~4人(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインマーティン・ワレス(Martin Wallace)
アートワーク未登録
関連企業/団体コスモス(KOSMOS)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

異人館さんの投稿

会員の新しい投稿