マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

アドレナリンBluebearさんのレビュー

367名
2名
0
3ヶ月前

荒廃した未来のブラッドスポーツをテーマにした真っ向からの殺し合いを描いた2016年リリースのゲームです。

デザイナーは、『サンクトゥム』『株式会社ゴブリン』のフィリップ・ネドゥク氏。

撃ち合い、殺し合いのゲームですが、やられてもすぐに復活するため、脱落が起こらないように工夫されており、「死んだから負け」なのではなく、どれだけたくさんの相手に効果的なダメージを与えたか、その累積を競う内容となっています。

ビデオゲームのFPS(First-Person Shooting Game)というジャンルの、一人視点での射撃戦闘ゲームのイメージを再現する形式のボードゲームになっているようです。(私は全くやらないので受け売りですが…)

最大5人、拡張を入れれば6人までプレイできると聞き、しかも『殺し合い』と来れば、ウチのグループ向きだと思って購入しました。

カラフルな原色で、サイバーなイメージの室内競技

互いにつながった構造の部屋が10〜12室あり、そこに転送された『プレイヤーの分身』が、他のプレイヤー相手に戦うという展開です。

2枚裏表のボードを組み合わせる事で、少しだけ部屋の構造が違う仕掛けになっています。

その中の3箇所ある《武器の出現場所》に、ランダムに《武器》が出現するので、それを手に入れて相手を攻撃します。

この《武器》がカードで提示されるのですが、とても多彩で面白い!好きな人は絶対好きですね♪

2人まで同時にダメージを与えられる『マシンガン』とか、

ダメージを与えたら1部屋ぶん吹き飛ばす『グレネードランチャー』とか、ダメージ量だけでなく特殊効果がいっぱいで好みが分かれるところ。

ただ、それぞれの武器は使うと弾薬が消費され、マップ内の《弾薬》を拾わないと再使用できないので、それも求めてボード内を走り回る事になるのです。(3色に分かれているので、何でも拾えばいいってものじゃないです) 

この追っかけっこ感がなかなか楽しいです。

5人でバトルロイヤル戦のサバイバルゲームをやってる感じ、と言えば少し雰囲気が伝わるかも。フィールドが割と狭いので、どう逃げても誰かに狙われるため、開き直ってどう攻めるかを考えた方がいいです。(1撃で死んだりはしないので、5~6発は食らわないと死なないので安心して下さい。笑)

死んでも復活!何度でも!

何回撃たれて死んでも《負け》ではありません。安心して!

倒されても完全な状態で即座に復活です。

じゃあ最終的な勝敗はどうするんだ?と疑問に思ったアナタは偉い。勝敗は《ポイント制》ですが、相手にダメージを与えたり、トドメを刺したりする一定数ともらえるようになっています。(基本的に与えたダメージのうちの最大数を占めるとポイントになるのです)

この時、すでに撃たれて復活したキャラクターは《ポイントが少なくなる》ようになっているのです。死ねば死ぬほど、取れるポイントが少なくなるので《おいしくない目標》になるわけです。

これによって、ある特定のプレイヤーばかりが連続して狙われないようになっているのです。これはいい工夫ですね。安心して誰でも倒せますから(笑)

さらに付け加えるなら、タイトルの《アドレナリン》の分泌によって、ある程度ダメージを受けた方が強くなる、という仕掛けまであるというサービスぶり♪(だから多少ダメージを受けても嫌な気がしません。これ初心者には大事ですねー。)

つまり、満遍なくたくさんの相手に効果的なダメージを与えて、可能ならトドメを刺すのが最適な戦法となるわけです。

だからそれを考えて、狭い戦場をみんなで走り回る展開ですね。

↑食らったダメージはこのように個人ボード上でトークンで管理。ドクロマークまで行ったら《死亡》です。(死んだらこのダメージが多い順にポイントをもらう仕掛けですね)

ちなみに、各キャラクターはフィギュア。残念ながらキャラクターごとの能力の違いはありません↓

視線ルールだけ、ちょっと難しい

基本的なルールは単純なので、慣れればすぐに撃ち合いに没頭できます。

ただし、難点は2つ。

①視線ルールが分かりにくい。

各部屋は出入り口で限定的に繋がっていますが、連続した部屋に視線が通るのは当たり前として、問題は出入り口。

何とそこから顔だけ出して通路の向こう側を攻撃できます。(相手からは見えない、という状況が発生するのです)

攻撃方法として非常に有効なので、この状況をうまく使いこなす必要があるのですが、感覚的に分かりにくいため慣れが必要だと感じました。

②武器カードがわかりにくい

各種武器の効果はアイコンで描かれているのですが、このアイコンが慣れないと分かりにくい!

詳細な説明が書いてある《武器マニュアル》が付属しているので、このコピーが必須です。(それでも毎回毎回このマニュアルを参照する事が多いです)

↓こんなのもあります。アイコンだけだと、意味が分かりにくいですよね。

このように、いろいろと《慣れ》が必要なゲームだと感じました。

それでも《殺し合い》は楽しい

気兼ねなく相手を撃ちまくれるというルール構造のため、恨みを買う事なく攻撃に専念できる展開は、開き直ってとても楽しいです。(ちょっとマイルドな気もしますが、そこはイマドキという事で勘弁しましょう)

やっぱりゲームはこうでなくちゃね!

対戦するゲームであるわけだから、「やった」「やられた」「やり返した」っていうのがやはり燃えるわけですよ。

「じゃあ次私ね。1歩進んで◯◯さんに《ショットガン》を撃ちます!3ダメージですね」

「うおお、それは痛い!同じ部屋でも撃てるのか」

「これで6ポイントになるから最大になるなー」

「しかも1部屋吹き飛ばします!」

「げ!こっちへ⁈」

「あはは、そこは△△ちゃんが待ち構えてるんじゃない?」

「わたし《サイバーブレード》ありまーす♪」

「ぎゃー、死ぬ死ぬ!おのれ復讐じゃあー!」

「いくらでも生き返るっていいなあ(笑)」

「何度でも殺してあげま〜す❤️(一同爆笑)」

…という感じでした。

テーマ的に女子チームには合わないかと思って控えていましたが、ある時開き直って強引にプレイ。

でも思ったよりみんな楽しそうに撃ち合いを楽しんでましたよ。

(というより、実際には女子メンバーの方が容赦ないと感じたのは私だけでしょうか?笑)

前述のように、《武器マニュアル》をいちいち参照する事で少し時間がかかったため、5人でプレイして、説明込みで2時間ちょっとかかりました。

軽めのバトルゲームとしては充分面白かったので、次は拡張入れて6人でプレイしようと思ってます。

《補足》

拡張を入れると、全6キャラクターにそれぞれ固有の能力が着きます。これでさらに個性的な戦い方ができますね♪

↓今のところは全員に差はありません。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
セラ
びーている / btail
Bluebear
Bluebear
シェアする
  • 110興味あり
  • 252経験あり
  • 41お気に入り
  • 187持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿