マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

IM@S CARD GAME ENTRY BATTLEアイマスカードゲーム エントリーバトル

合格者は2名! エントリーは10名! 合格者を予想し、エントリーしよう!

くらげシステムの5作品目です。C71(2006年)が初頒布。
XBOX360版発売直前という事でアイマスが勢いづいた時期の作品です。

登場アイドルは765プロの10キャラ(響、貴音はまだいない時代です。)ですが、亜美と真美はペアになっているので、登場アイドルは全部で10枚に納められています。

一対一の対戦型で、両者が765プロのプロデューサーという立場です。
プロデューサーは自分の手札から、オーディションに合格できると予想したアイドルをエントリーしていきます。
エントリーカードは1~3名のアイドルが描かれています。人数を多くエントリーすれば合格率は上がりますが、
獲得するポイントは少なくなります。

ゲームは4ラウンド行われます。
序盤は手がかりの少ない運任せな状態ですが、ラウンドが進むにつれて推理要素が徐々にアップしていきます。

この作品からカード枚数を100枚から40枚に抑え、薄型の箱に仕様変更しました。
頒布価格も1000円になったので、お試し感覚で手にして下さる方が増えた気がします。

当初このゲームは各キャラの出番を均一にするため、100枚オーバーのゲームになる予定でした。それこそ、すべてのデュオ・トリオの組み合わせをカード化するつもりでしたが、それが現実的でない上にプレイしやすさも下げているので、大幅カットしました。
結果としてはとてもライトで遊びやすい作品に仕上がったと思います。

※3~4行目に誤りがありました。11/8修正しました。
※ラウンド数表記に誤りがありました。11/8修正しました。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ヤブロンヤブロン
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルIM@S CARD GAME ENTRY BATTLE
原題・英題表記アイマスカードゲーム エントリーバトル
参加人数2人用(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザインくらげシステム(kurage system)
アートワークMDC本舗(MDC-Honpo)
関連企業/団体くらげシステム(Kurage system)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿