マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 40分~70分
  • 10歳~
  • 2019年~
331
名に参考にされています
2019年12月09日 09時53分

12月10日 追記 箱のシロフクロウの説明文ですが、"Harry Potter's owl,Hedwig,is a snowy owl"(ハリーポッターのフクロウ、ヘドウィグはシロフクロウです)と書かれています。ちょっとした遊び心ですが、なんだか嬉しくなり、英語を勉強中でハリーポッター好きの小5の娘に見せました。

ウイングスパン、ヨーロッパ拡張版が昨日きたのでレビューです。「最初の拡張」と銘打たれているので今後の拡張版も期待が持てます。一貫して鳥への愛と研究者としての情熱に溢れています。

コンポーネントは、

ルールブック1冊、鳥カード81枚、卵15個、ボーナスカード5枚、オートマカード4枚、カスタムトレイ1個、スコアカード(複数プレイ/ソロプレイのリバーシブル)1冊、目的タイル5枚、餌トークン38個、リファレンスタイル1個

鳥カードには、新たな能力(水色:ラウンド終了時)が追加されました。なかなか悩ましい能力が多い気がします。

卵は紫色です(娘は「紫色の卵なんてあるの?気持ちわるーい。(笑)」と言ってました。)

ボーナスカードは、「アマチュア研究者(市民科学者)」、「エソロジスト:鳥類行動学者」、「ビヘイバリスト:鳥類認知行動学者」、「バードバンダー:鳥類標識調査員」、「ダイエットスペシャリスト:鳥類食物研究者」

(あまりに研究者よりの単語が出てくるので笑ってしまいました。日本だとまだ行動生態学の一部として扱われている領域だと思うのですが、アメリカだと一般的な単語なのでしょうか。京都大学から「鳥の行動生態学」という本が出ているので、今度機会があれば読んでみたいと思います。)

オートマカードは、目的タイルの点数設定と、オートマ用ボーナスカード2枚です。

カスタムトレイは、同じもので色が紫です。

スコアカードは、リバーシブルで裏がソロプレイ用。ソロプレイ推しでしょうか。

目的タイルは、写真に載せました(1.獲得、2.勝利点4以下、3.行の最大値、4.餌トークン、5.茶色い能力、6.餌の総コスト、7.卵のない鳥、8.満たした列、9.手札、10.白カード&能力なし)どれも面白そうな能力で、ゲームの行方が分からなくなる補正がかかっている気がします。

リファレンスタイルは、ラウンド終了時の手順が書いてあります。もう一度読み返すと私もルールを間違えていたことに気づきました。トレーの鳥カードを毎回入れ替えるのを忘れていました(最初のうちはそういえばやっていた。)

これから、娘たちに英語の意味を覚えてもらいゲームする予定です。


3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Jonathan
  • kannzi yasui
  • えだまめ
Jijoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 42興味あり
  • 6経験あり
  • 2お気に入り
  • 15持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルウイングスパン:ヨーロッパ(拡張)
原題・英題表記Wingspan: European Expansion
参加人数1人~5人(40分~70分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Jijoさんの投稿

会員の新しい投稿