マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

東海道Tokaido

江戸を目指してぶらり旅、その道中に待ち受ける様々な経験を楽しもう!

その昔、東海道を江戸から京都へ、京都から江戸へ旅することは1つの人生の中で大事な事柄でした。そこで得た経験は必ず人生の役に立つことでしょう。

このボードゲームは、京都をスタートとして江戸まで旅をする、半分スゴロクゲームのようなものです。その道中で得られるお金や人々、様々な景色を集め、ゴールとなる江戸に辿り着いたときにそれがどのくらい集められているかが重要なポイントとなります。

まずプレーヤーは、担当のキャラクターをキャラクターカードから選びます。キャクターごとに特殊能力があるので、事前に確認しておくと良いと思います。

ゲームが始まったら、もっとも後ろに位置するプレーヤーが手番を行います。ゲーム開始直後はスタートプレーヤーから手番を行いますが、その後は他のプレーヤーが止まっているマスには止まれないので、必ず誰かが一番後ろに位置することになります。そのため、進み方によっては連続して手番を行うことがあります。

進め方ですが、途中にある関所までは何マス先に進んでも構いません。この関所には最初に辿り着いたほうが有利なこともありますが、基本的にはその道中にある様々なマスで経験を得ながら進めることになります。あまり早く辿り着いてしまうと、その道中の経験を他プレーヤーが行うため、不利になります。状況に応じて進め方を考えることになります。

道中では村からお金を貰ったり、温泉に入って得点を獲得したりすることができます。また、景観カードを揃えて得点を稼いだり、旅人カードをめくって様々な恩恵を得たりすることもできます。
これを繰り返して、最終的に全プレーヤーが江戸に辿り着いたらゲーム終了です。それまで得たお金や得点を計算して、一番得点を獲得したプレーヤーが勝利となります。

意外にサックリと遊べるボードゲームです。あまり差もつかないので、親しい友人同士で楽しみながら進めることができると思います。ルールもそれほど難しくないので、ボードゲーム初心者にお勧めです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 87興味あり
  • 302経験あり
  • 44お気に入り
  • 101持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトル東海道
原題・英題表記Tokaido
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインアントワーヌ・ボウザ(Antoine Bauza)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
拡張/関連元東海道:祭(2016年)東海道 デラックスエディション(2016年)+ 1作品
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月16日 20時30分

    京都から江戸へと旅をしていくゲームです。非常に美しいボードは誰もがこれからはじまる東海道の旅がすばらしいものになると期待をあおる、わくわくするようなデザインです。ルールの基本はすごろくですが、ゴールまでの速さで勝敗がきまるわけではありません。サイコロをふらずに好きなだけ進んで止まれるだけ様々なマスに立ち寄り、おみやげをかったり、温泉に浸かったり、旅先での人との出会いを楽しんだりと思い出を作りながら江戸へと向かいます。江戸へ到着したら旅の思い出を勝利点として順位を決定します。江戸時代ならではの徒歩でのゆったりとした旅を体感できるゲームです。バラエティーに富んだ旅人たち各プレイヤーは旅人を最...

    弥七さんの「東海道」のレビュー
  • 266
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月15日 21時59分

    わりと小さい子に受けがいい。すごろく的な所と、買い物やコレクション要素がある所、それからゲームのシステムと内容が直感的に結びつきやすいせいだろうか。同じマスに止まれるコマ数の制限があるので、ちょっとしたせめぎ合いや邪魔はあるもののゲーム内容が「旅を楽しむこと」を競うため、わりと相手を妨害するよりも、自分の旅を楽しむ(=得点をどう積み重ねるか)ことになる気がする。結果としてひりひりとした勝負ではなく、ほのぼのしたプレイ感につながっているのではないだろうか。何をやってもそれなりに点は入るので、点差はつきにくいのだが、あれもこれも手を出しすぎていると後半は点が伸び悩む。神社への賽銭は最後の決算...

    GOさんの「東海道」のレビュー
  • 118
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月24日 20時25分

    気軽に景色を見たり、温泉入ったり食事や土産物を楽しめる楽しくて可愛いゲームです。ゲームのデザインも本当に可愛くてお手軽なゲームなので女性や子供にもおすすめです。

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんの「東海道」のレビュー
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月27日 20時48分

    東海道を京都から江戸までぶらり旅。最も多くの思い出を作った人の勝利。思い出は「食事」「風景」「おみやげ」「温泉」「人との出会い」「寺社への寄進」などで作ることが出来る。キャラクターごとに特殊能力があり、初期キャラ選択がかなり重要か。プレイヤーの趣味でおみやげ買って温泉に入って楽しんで江戸に帰ったら負けた。キャラクターの特殊能力に合わせた行動を。

    きのこさんの「東海道」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 209
    名に参考にされています
    投稿日:2016年02月27日 17時04分

    キャラ比較2人戦S:「浪人」琴古/「飛脚」忠兵衛A:「孤児」五月/「老人」光圀B:「大道芸人」梅ヶ枝C:「宮司」寛忠/「役人」吉保D:「芸者」笹奴/「商人」善右衛門E:「絵師」広重3人戦S:「浪人」琴古/「飛脚」忠兵衛A:「孤児」五月/「絵師」広重B:「老人」光圀C:「大道芸人」梅ヶ枝D:「宮司」寛忠/「役人」吉保E:「芸者」笹奴/「商人」善右衛門4人戦S:「浪人」琴古/「飛脚」忠兵衛A:「孤児」五月/「絵師」広重B:「宮司」寛忠C:「大道芸人」梅ヶ枝D:「老人」光圀/「役人」吉保E:「芸者」笹奴/「商人」善右衛門※個人の感想です。※5人戦はあまり経験が無いので記載しません。※拡張なしの...

    オトさんの「東海道」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク