マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~55分
  • 13歳~
  • 2011年~

タケノコレモネードさんのレビュー

118
名に参考にされています
2019年10月26日 22時15分

パンダをお世話し竹の庭園をつくるゲーム。

7歳(小1)の息子と嫁さんの3人でプレイしました。


13歳からとなっていて、わりとルールが多そうですが

根幹となるルール部分は意外にシンプルで

得点への見通しもわかりやすいので

7歳の子どもで十分プレイ可能です。


このゲームでまず魅力的なのがコンポーネントで、

カラフルなしっかりした竹駒、色まで塗られたパンダや庭師

これらが、これまたカラフルな庭園の中にあります。


で、カラフルな風景の中

庭師が竹を成長させるために、あっちこっち動き回り

パンダも自由にノソノソ動き回り、竹を食べまわる

自由でホノボノした世界観が再現されます


そして面白いのが、

そんな世界観がしっかりシステムの中に組み込まれてて

点数をかせぐために各プレイヤーがパンダや庭師を動かすだけで

自然と、庭師がアクセク働きまくって、パンダが自由に動き回るとゆう

牧歌的な様子が作られてゆきます。


ルールの細かさも理論的でわかりやすいのでスッと理解できます

庭師が動いて竹が育つ

パンダが食べて竹が減る→個人ボードのパンダの絵のお腹の中に置く

水を引けば竹が生まれるなど、

そーなるよねーって感じです。


手番ではまず、サイコロをふり天候を決めますが、

これにより特殊効果を実行でき、どの天候でもいいことばっかです。


オレ「フレー、フレー、アーメーフーレー」

息子「なにやってんの?」

オレ「雨ごいやで。こーやって念じてサイコロ振れば・・

ほら、全然違う目でたわ、嵐やて」

息子「嵐でもえーやん、パンダ動かせる」

オレ「今は、竹を育てたいんじゃ、ただただ竹を育てたいんじゃ」


得点は目的カードで、これは山から引いてきて手札にします。

目的カードは、その構図になれば、いつでも出せて得点にできます。


パンダに食べさせたもの

竹の成長させ具合

置いた庭園ボードの位置などで得点を得られます。


この目的カードのカード運と、特殊効果のサイコロ運と

運要素は多めです。


でもこれくらいのバランスの方が、子供と気軽に楽しめるし

一喜一憂で盛り上がるし。

でも、もともと僕は運に翻弄されて、

色々作戦を考えるってのが好きなのかもしれません。


息子が「その竹は食べんといて―」

嫁さんが「もうこの庭師が仕事せんわー」と、

2人ともワーワー言いながらも、順調に得点を稼ぎだし

結局、嫁さんが優勝し、僕がドベになりました。


やっぱ、竹を育てるのに夢中になり過ぎたのが敗因かなー。

途中、水ばっか引いてたもんなー。

恐怖の水引き男になってたもんなー。


とにかく竹とパンダと庭師、楽しいゲームでした。



1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Jarry
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 108興味あり
  • 342経験あり
  • 66お気に入り
  • 141持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力11
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見10
作品データ
タイトルタケノコ
原題・英題表記Takenoko
参加人数2人~4人(45分~55分)
対象年齢13歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿