• 2人用
  • 360分前後
  • 12歳~
  • 1985年~

第6艦隊Sixth Fleet

アメリカ、ビクトリーゲームズ社が製作した現代海戦テーマのフリートシリーズ第1作。
日本ではホビージャパンから、完全日本語版が発売されました。


この第6艦隊は、地中海での海空における仮想戦を扱ったシミュレーションウォーゲームの一つ。

当時の精密な現代海戦を扱う割には、ルールはプレイアブルなのが特徴でしたね。(懐かしい)

例えば、空母を中心とした機動部隊のゲームと言えば、アナログボードゲームの宿命で、当時から各ゲームでは複雑なルールをひねりあげ、互いの位置を索敵するところから始まります。

これが結構面倒臭い。

ところが、この最大のネックを、『現代戦』であるという理由でバッサリカット!

なぜなら、衛星監視、電子索敵などによって艦の大まかな位置は分かっている!という解釈で、全ての艦のコマは最初からボード上に見えるように配置してあるのです。

ただし、攻撃を行うためにはより精密な位置確認が必要になる、というルールなのです。

これにより、煩わしい索敵ルールから劇的に解放され、プレイヤーは各艦や航空部隊の運用に専念できるのです。

この感覚は当時の我々には新しかったのを覚えています。

また、判定表も基本的に一つにまとめ、シンプルにすることで、いちいち特殊な別ルールも、最低限に抑えてあります。

おかげで、ゲームを始める最初のハードルが低く、結構繰り返しプレイしたのを覚えています。
周辺各国を巻き込み、地中海で激突するアメリカ第6艦隊と、ソ連(古い!)艦隊の豪快な全面戦争を再現するこのゲーム。

結構好きなので、またプレイしたいと思います。(でも、同意する相手を探さなきゃ)(^◇^;

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Bluebear
  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトル第6艦隊
原題・英題表記Sixth Fleet
参加人数2人用(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1985年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 122
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月11日 09時30分

    アメリカ、ビクトリーゲームズ社が製作した現代海戦テーマのフリートシリーズ第1作。日本ではホビージャパンから、完全日本語版が発売されました。この第6艦隊は、地中海での海空における仮想戦を扱ったシミュレーションウォーゲームの一つ。当時の精密な現代海戦を扱う割には、ルールはプレイアブルなのが特徴でしたね。(懐かしい)例えば、空母を中心とした機動部隊のゲームと言えば、アナログボードゲームの宿命で、当時から各ゲームでは複雑なルールをひねりあげ、互いの位置を索敵するところから始まります。これが結構面倒臭い。ところが、この最大のネックを、『現代戦』であるという理由でバッサリカット!なぜなら、衛星監視、...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿