マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

シャーロックキッズSherlock Kids

クニツィア博士による「らしくない」キッズ向け謎解きゲーム

シャーロック・キッズは若き有能な探偵たちの秘密結社。

探偵たちは、さいきん美術館で多発している不可解な盗難事件に挑みます。

天才的な怪盗は美術館で盗みを働く度に、謎の封筒を残していきます。封筒には盗まれた絵画のコピーが入っており、そこに怪盗が忍ばせた秘密の暗号を解読しなければなりません。

順番で怪盗となったプレイヤーは、封筒に入った20枚の絵画の一つを選んで、そこに描かれた物の色か、何らか人や物の数を決め、シャーロック・キッズたちに出題します。

この謎を解き、見事正解したキッズだけが美術館の回廊を一歩進むことができます。

最初に怪盗の犯行現場までたどり着いたプレイヤー、または、ゲーム終了時に最も歩を進めていたプレイヤーが勝利します。

ゲームに慣れてきて、色や数に飽き足りなくなったら、自由形式の問題を立てて、回答者はメモに答えを書くなどすれば、何度でも楽しめそうです。

ちなみに、このゲームの作者は、「バトルライン」「ケルト」「モダンアート」「ラマ」などの名作を次々と生み出してきたドイツ・ボードゲーム界の巨匠、ライナー・クニツィアです。数学者であり、「数の魔術師」の異名をもつクニツィアは、数学的な確率論をモチーフにした作風で知られますが、キッズ向けにつくられたこの「シャーロック・キッズ」は、得意の数学的な厳密さではなく、子どもたちのイマジネーションやコミュニケーションに的を絞った作品に仕上がっているのが、最大の謎です(笑)。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 店主店主
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルシャーロックキッズ
原題・英題表記Sherlock Kids
参加人数3人~6人(20分前後)
対象年齢5歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿