シャーロック・ホームズの犯罪事件簿Sherlock Holmes Consulting Detective

新聞から情報を見付け、地図と住所録で番地を調べ、聞き込みで事件を解決する推理ゲーム

ボードゲームとゲームブックの中間的な異色作。セットには大きなロンドン地図、住所録、事件の日付ごとの「タイムズ」紙、それに聞き込みの結果を記載した本が付属します。

あなたは、まず事件の「導入部」を読み、それから当該の新聞に目を通して、この事件を解決するために誰に話を聞くべきかを考えなければなりません。氏名が判明していれば住所録から、そうでなければ地図から目指すべき番地を探し、本にその番地があるかどうかを調べ、あればその内容を読み、そうして得た情報が充分に集まったと思えば「解決編」に進みます。

そこでいくつかの質問に答えたあと、ホームズの出した結論を読んで答え合わせをするのです。ただし正解を導くだけではなく、このゲームは「ホームズとの推理勝負」です。ホームズが答を見出すために調査した地点の数よりも少ない調査数で正解に辿り着けるかどうかが問題です(まあ常人たる我々に敵う相手ではありませんが)。

本作は本の形をした箱に収められていますが、日本語版は書籍の形で出版されました。既に絶版であり、諸事情から再販は望めそうにありませんが、オークションや古書店を探すと意外に出物が見付かります。ただし付属品が完品でないと遊ぶに遊べませんので、必ず地図・新聞・住所録・本、それに「定番の調査地点(兄マイクロフト・ホームズや懇意の新聞記者、ヤードや鑑識医など)の訪ね先を記したカードが揃っているかどうかを確認してください。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. DocSeriDocSeri
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルシャーロック・ホームズの犯罪事件簿
原題・英題表記Sherlock Holmes Consulting Detective
参加人数1人~8人(60分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期1981年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインアンソニー・ウルブル(Anthony Uruburu)
アートワーク未登録
関連企業/団体フランク・コスモス(Frankh Kosmos)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿