マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2012年~

十二季節の魔法使いみなりんさんのレビュー

231名 が参考
1名 がナイス
26日前

基本的にはカードゲームだが、季節を管理するトラックがあり、季節ごとに魔力トークンの入手のしやすさが異なるのが特徴。

ゲーム中、カードの効果や魔力トークンの変転(変換)により、クリスタルが入手できる。クリスタルはクリスタルトラックで管理する。

1年は12ヶ月。3年終わった時に、カードの点数とクリスタルの個数の多い人が勝利する。

まず、季節ごとに人数+1個のダイスを用意する。

ダイスは各色5つあるが、内容が異なるので、ランダムに選ぶ。

次にカードを一人9枚配り、1枚選んで残りを隣の人に回す。これを、手元にカードが9枚になるまで繰り返す。

手にした9枚を、それぞれ1年目(最初に使うカード)、2年目、3年目の3枚ずつに分ける。2年目のカードは2年目に入った時に手札となり、3年目のカードは3年目に入った時に手札になる。


各ラウンド、最初に現在の季節のダイスをすべて振る。プレイヤーはダイスを1つ選んで、ダイスの効果の解決とカードのプレイを行う。

プレイできるカードの枚数や、取得した魔力トークンは個人ボードで管理される。プレイ可能枚数はダイスやカードの効果で拡張できる。

全員がターンを終了すると、ダイスが1つ残る。そのダイスに書かれたドットの数だけ季節が進む。

2年目になると2年目用に保持した3枚が、3年目になると3年目用に保持した3枚がそれぞれ手札に加わる。

4年目になったらゲーム終了。プレイしたカードの点数とクリスタルの個数が得点になるが、手札が残っていたり、ゲーム中にボーナスを使用すると最後に減点される。

最終的に得点が一番多い人が勝利する。


好き嫌いはともかく、得手不得手は分かれそう。

自分で購入したが、カードゲーマーの友人とプレイして完敗した。彼らはカードの効果を見て、それが何のために存在するのかを理解し、他にどんなカードがあるのかを推測できる。

ボードゲームの定義の話をするつもりはないが、ボードゲームかカードゲームかと言われたら、後者に分類されるゲームと認識した方がよい。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
鳴屋
みなりん
みなりん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 493興味あり
  • 1307経験あり
  • 399お気に入り
  • 736持ってる
プレイ感の評価
運・確率26
戦略・判断力41
交渉・立ち回り13
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見27
作品データ
タイトル十二季節の魔法使い
原題・英題表記Seasons
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

みなりんさんの投稿

会員の新しい投稿