マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

サイズ -大鎌戦役-:フェンリス襲来(拡張)Scythe: The Rise of Fenris

キャンペーンゲームとしての拡張と、通常の対戦ゲーム拡張

『サイズ - 大鎌戦役 - 拡張 フェンリス襲来』は、
1.キャンペーンゲーム(8話のシナリオ)の舞台
2.拡張モジュール(11セットの自由に組み合わせ可能な拡張)のパッケージ
という2側面があります。

1.キャンペーンゲーム
大鎌戦役の背景において最重要でありながら、完全に謎の存在である「ファクトリー」。
その集団の始まりからなる導入が6ページに渡ります。
シナリオは8話となっていますが、2話目のエピソードから分岐があり、
コンポーネントを破壊するような不可逆な行為も無い為、複数回のプレイに耐えます。
更に通常の大鎌戦役同様、一人でのプレイ用のオートマが使用可能です。

2.拡張モジュール
通常の大鎌戦役に追加可能な拡張モジュールが11セットも入っており、
先発の2拡張との併用も可能です。
キャンペーンゲームのネタバレを避ける為詳細は省きますが、
勝利条件を変更するもの、
プレイヤー間の対戦を抑制するもの、対戦を増やすもの、
多人数用オートマなど。
盤面への影響力が大きく、
多様で新しい遊び方を提案する物ばかりです。

総じてキャンペーンゲームとしても拡張モジュールとしても、
非常に満足度の高い拡張と言えるでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ShoeshockShoeshock
  2. かみしろかみしろ
マイボードゲーム登録者
  • 94興味あり
  • 10経験あり
  • 8お気に入り
  • 16持ってる

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 355
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月27日 05時51分

    キャンペーンを遊ぶにあたって、重いとされている大鎌戦役を8回プレイする事になります。更に、ゲーム終了毎にストーリーの読み込み、それに応じたゲームシステムの変化が伴います。また所属国家は基本的に継続していく為、苦手な国家を引いてしまった場合苦しい思いをすることになるかも知れません。T.I.M.Eストーリーズやパンデミックレガシーでは人数が増える事で大幅に時間が延びる事はありませんが、このゲームではプレイ人数がそのままプレイ時間に反映されることもあり、7人でのプレイはオススメしません。3~4名で各自が好きな所属国を選択する形が最も快適にプレイ出来るように思います。

    かみしろさんの「サイズ -大鎌戦役-:フェンリス襲来(拡張)」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク