マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 5分~10分
  • 8歳~
  • 2016年~

シュレディンガー勇者あきらさんのレビュー

347
名に参考にされています
2016年05月08日 14時31分

勇者か魔王、どちらかが先に相手を倒せば勝利となる正体隠匿系ゲーム。

役職には勇者、魔王、勇者の仲間、魔王の手下、魔王勇者の5種があり、それぞれ自身が何の役職についたのかは”基本的に知ることが出来ない”。

プレイヤーは「自身以外の誰か1人の役職を確認する」「自身と誰か1人のカードを交換、もしくは交換したフリをする」「とどめを刺しに行く」の3つからどれか1つを行っていき、誰かが「とどめを刺す。」の際、勇者で魔王にとどめを刺す。か、魔王で勇者にとどめを刺す。ことに成功すれば、その陣営が勝利する。

魔王勇者はそのどちらも行えるが、逆にそのどちらも行われてしまうため、ハイリスクハイリターンな役職。

とどめを刺す際、「我こそは勇者なり!お前が魔王だ!」と宣言して結果を確認するのだが、成功したときの気持ちよさより、外した時の恥ずかしさが印象に残る。それが面白いのですが(* ´艸`)

内容物はカード9枚と説明書だけなので、ちょっと鞄に入れて置いて外で遊ぶにはもってこい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
あきらさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 46経験あり
  • 5お気に入り
  • 37持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルシュレディンガー勇者
原題・英題表記Schrodinger Hero
参加人数3人~7人(5分~10分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,200円
クレジット
ゲームデザインゆお(Yuo)
アートワーク未登録
関連企業/団体こっち屋(Kocchiya)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

あきらさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク