• 2人~5人
  • 45分~75分
  • 10歳~
  • 2017年~

ノートルダム:10周年記念版YYYKKKさんのレビュー

246
名に参考にされています
2017年10月05日 15時41分

5人でプレイしてみました。非常におもしろかったです。

舞台は近世のパリ。プレイヤーはパリの有力者となりノートルダム寺院の建設をめぐって名声を稼ぎます。ゲームボードは個人ボードを真ん中のノートルダム寺院タイルでつなげたものになります。(このボードは人数にあわせて組み合わせかたが変化します)

ゲーム初期の風景はこんな感じです。このボードの上で,手札のカードで表された9種類のアクションを順番に行っていきます。

9種類のアクションは以下のものがあります。

  1. 修道院学校:自分の影響力マーカーを増やします。
  2. 銀行:お金を増やします。
  3. 公邸:名声を増やします。
  4. 馬車小屋:自分の馬車を広場に進めます。
  5. ゲストハウス:お金か名声か疫病(=ネズミ)の軽減を選べます。
  6. 友人:コマを置いた好きなアクションを行います。
  7. 公園:疫病の軽減ができ、名声ポイントにボーナスが入るようになります。
  8. 病院:疫病の軽減ができ、疫病ポイントの上昇をおさえられます。
  9. ノートルダム:お金を払って名声ポイントが得られます。

1ラウンドに順番に2回だけ,このうちのどれかのアクションを行い,そのラウンドを9回繰り替えしたら終わりです。2回のアクションを行ったら,毎ラウンド変化する3枚の有力者カードの1枚にお金を払って,その効果を得ます。効果はもちろん有利になるものですが,特に早い者勝ちだったりはしないのでお金さえあれば,欲しい効果を得られます。

以上,非常にシンプルなシステムです。このシステムの上で,このゲームを特徴付けているのは次の2点です。

  1. 使えるアクションカードはドラフトで決める
  2. 同じアクションを使えば使うほど強くなる


まず1について。毎ラウンド自分の9枚のアクションからランダムに3枚を引き,1枚だけ選んで左隣の人に残り2枚をドラフトし,その2枚からも1枚を選んでドラフトします。そして,ドラフトでつくった3枚の手札から,2枚のアクションだけを実行します。このゲームは互いのインタラクションが希薄なので,このドラフト部分がプレイヤー間のインタラクションとなります。

(他に,馬車による早い者勝ちの特典取得とノートルダム寺院の取り合いがありますが,瑣末です)

2については,アクションを行うとボードの対応する部分に影響力マーカーが置かれ,そのアクションが強化される,という仕組みです。つまりは拡大再生産システムなのですが,利用と強化が一体化して,非常にすっきりとしています。


上の写真が,プレイの最終局面です。各プレイヤーがそれぞれいろいろなアクションを強化しているのがわかります。

インスト時は一見要素が多く,大変そうだな思いました。が,プレイを始めると,確かに要素は多いのですが非常に軽快です。

軽快さの最大の理由は,9枚中たった3枚という手札。それもドラフトによって構成されている手札から2枚を選ぶだけなので,行動の選択肢が非常に少なく,迷う必要があまりないことかと思います。しかし,行動が少ないからといってストレスはあまりありません。行動がものすごく限定されているのにストレスを感じず,むしろ見通しのよさとダウンタイムの軽減のメリットだけを得ている,というのはなかなか見事です。
個人の印象ですが,これは

- 不自由だとしても,ドラフト時に自分でも選択している
- 行動の実行イコール強化でもあるため,意味のない行動を強いられても,後から利益を得られる

という2点から来ているように思えます。双方に共通しているのは,プレイヤーにコントロール感を失わせていないという点ですね。
素敵です。

全体としては,軽いプレイ感のゲーマーズゲームという感触でした。ドラフトによるアクション選択というとは7 Wondersを思い出します。テーマやビジュアルはこちらが地味ですが,7 Wondersが好きなメンバーであれば必ず楽しめると思います。私はかなり楽しみました。

YYYKKKさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 47経験あり
  • 11お気に入り
  • 54持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルノートルダム:10周年記念版
原題・英題表記Notre Dame: 10th Anniversary
参加人数2人~5人(45分~75分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ノートルダム:10周年記念版のレビュー

  • 215
    名に参考にされています
    2017年04月21日 02時15分

    私は作者のシュテファン・フェルトの大ファンではありません。では、なぜノートルダムはこんなに気に入ったのでしょう。それは恐らく、戦略性とスッキリ感とのバランスが良いからだと思います。このゲームでは、取れる作戦の幅は広いのですが、一方で、カードドラフトがあるため、「今回のラウンドは、この三枚のカードでなんとかするしかない!」という感じで、いい感じに選択肢が絞られてくるのです。そういう意味では、複雑な戦略ゲームに慣れていない方に、オススメしやすいゲームなのかもしれません。時間も1時間ちょっとで終わる、程よい感じですしね。ペストによる苦しさもいい味出してます。可変ボードもカッコいいw最高です。

    sanibabodogeさんのレビューを読む

YYYKKKさんの投稿

会員の新しい投稿