マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分前後
  • 4歳~
  • 2008年~

オオカミと七匹の子ヤギレモネードさんのレビュー

139
名に参考にされています
2019年01月09日 02時26分

カクレンボは好きですか?

僕はけっこう好きで、6歳の息子がトイレいってるうちに

クローゼットなんかに隠れて、こっそりのぞいて

息子がキョロキョロ探してるのを見てクスクスしたりなんかしてます。


なんか、見つかるかもしれんとゆうドキドキ感と

見つけられてないとゆう優越感がたまんないとゆーか

見つかった時のヒャアッてなるのも好きだったりします。


そんなカクレンボをボードゲームでやるのがこのゲームです。

オオカミと七匹の子ヤギの童話がテーマで、

ルールはコマを使ったカクレンボです。

マジでカクレンボです。


昔、息子が4歳の頃に家族3人でプレイした時は

あんまピンとこなかったんですが

今回、小6の甥っ子と息子と嫁さんと僕の4人プレイしたら、

めちゃめちゃ楽しくて、

改めて、このゲームの面白さに気づかされました


ゲームは1人対複数で

ヤギの皆さんは協力プレイです。オオカミは1人。


オオカミは目を閉じて10数え、

その間、ヤギプレイヤーは自分のヤギコマを

7つの調度品コンポーネントであるベッドの下とか、テーブルの下とか、

時計台の中とか、扉の後ろとかに隠します。1ヵ所に1人です。


オオカミは10数えた後に、その7つの調度品から2つだけ

持ち上げたりしてヤギコマを見つけます。

こんな感じ。


見つかったヤギコマはオオカミに捕まり、

オオカミの箱の中に入れられちゃいます。

見つからなかったプレイヤーは石1個を受取ります。


オオカミは再び10を数え、

捕まった者は新たなヤギコマを使用して、

またカクレンボを繰り返します。


オオカミがヤギを7匹捕まえればオオカミの勝ち

石を誰かが7個集めれば、ヤギプレイヤーの勝ちです。

(石はみんなで合計じゃなくて、誰か1人が7個獲得すればです)


ちなみに、時計台に隠れて見つからなければ、

捕まったヤギ1匹を解放できます。

そして、洗濯桶で見つからなければ石2個がもらえます。

この時計台と洗濯桶ルールのおかげで、

カクレンボにちょっとした面白い心理戦要素がうまれたりしてます。


最初は僕がオオカミ役をやりました。

しょーじき、カクレンボの鬼役はあんま好きじゃないんですが

やってみたら、あーた、これが、楽スゥイーーーー!


家具は紙製のコンポーネントなんですけど、

そこに実際にコマを隠す行為により、しっかり世界観が構築され、

みんなのノメリコミ度を高めてくれて

ほんまにカクレンボしてる気分にさせてくれます。


だから、単なる7つの中から2つ当てるだけのオオカミ役も

隠れる方のドキドキ感が伝わってきて

オオカミ役になりきれるってゆーか気分はオオカミそのもの。


オオカミの指人形も雰囲気を出すのにいいスパイスになっていて

ここかなー、いや、ここから匂いがするなー

いや、やっぱこっちかなーとか言いながら

なんか役になりきって指人形で演技しちゃいます。


またその時の隠れてるみんなの表情を見るのも楽しくて

特に子供たちはバレないように必死にポーカーフェイスをがんばったりして。


そして、ここかーーー!と見事当てた時は

そん時の当てられた者のヒャーってのと相まって

なんかスゲー快感。


今回4人プレイでしたが、

その人数でのバランスもちょーどよくて

ギリギリで、オオカミの僕が勝ちました。

恐らくですが、5人とか6人だとオオカミが有利に

3人だとヤギが有利だと思います。


その後、子供たちもオオカミ役をしたいと言うので

オオカミ役を交替して何度かプレイしました。


隠れる方もやはり楽しくて

今回はここにするわ、そこはやばいやろ!とか相談しながら

みんなで隠れるのって結構ワクワク!


ただ、子供がオオカミ役だと

僕みたいに相手の表情を見ずに

勘だけで探してくるので、外す率も高く

小6の甥っ子でもヤギを捕まえれたのは4個どまりでした。


子供がオオカミ役をする時は

3個まで探していいハンデをつけた方がいいかもしれません。


とにかく単純なルールなんだけど、コンポーネントの雰囲気とノリで

子供たちもワーキャー言いながら、大人も楽しいゲームでした。


恐らく大人だけでやってもブラフ的要素などがちゃんとゲーム内にあって、

雰囲気に浸れば、それなりに楽しめると思います。


あ、あと、凶星のデストラップってゆうゲームがありますが、

あれがなんかゲーム的に似てます。

このゲームよりはもっと複雑ですが。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まつなが
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 29経験あり
  • 6お気に入り
  • 17持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルオオカミと七匹の子ヤギ
原題・英題表記nicht zu fassen
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢4歳から
発売時期2008年~
参考価格4,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク